もし借金が返せないとどうなるの?

過払い金請求で借金がだいぶ減りました(女性/30代)

女性/30代私は様々な金融機関から借金をしていたことがあります。

最初は特に焦っていませんでしたが、返せないという事実に
気付き始めてから急に焦りを感じました。

しかし、返さないとどうなるかを把握していなかったので、
後で返済すればいいかという軽い気持ちでした。

しかし、滞納していると金融機関から支払いを催促する電話が頻繁にかかってくるようになりました。

当然、借りたお金は返さなければいかせんが、手元にお金がなかったので支払うことさえできませんでした。
支払いを先延ばしすると利息もその分発生してしまうので、結局は利息を支払って元金が支払えないという状況でした。

そうなると、定期的に支払ったとしても元金を支払うまでにかなりの期間がかかってしまうので大変でした。

そこで私が利用したのが、過払い金請求です。

キャッシング経験がある人は誰でも該当する可能性があると聞いていたので、
物は試しで相談してみることにしました。

弁護士事務所に相談するわけですが、思っていた以上にスムーズにいきましたし、実際に過払い金が発生していました。
返済しなければならない借金もだいぶ減ったので、とりあえず安心しました。

借金が増えすぎた時の対処法は、とにかく弁護士に相談することです。

弁護士に相談すればシミュレーションをしてくれるので、少しは負担を減らしてくれます。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金が返せない…これからどうなってしまうの?

借金が返せないと財産を差し押さえられてしまう可能性がある

現在、毎月の借金の返済が滞ってしまっている人のなかには、
このまま借金を返せないとどうなるんだろう・・・と不安に感じている方も多いかもしれません。

借金を返せない時にどうなるかは、その借金がどこから借りたものであるかによって異なります。

まず、消費者金融などのローンを利用している場合には、数カ月にわたって督促が行われ、
それでも返済がされない場合には給料口座の差し押さえなどの強硬手段が取られる場合があります。

生活費は給料口座に入ってくるお金をもとにまかなわれているのが普通でしょうから、
給料口座を差し押さえられてしまうと生活そのものに影響が出ることもあるので注意しましょう。

債権者による差し押さえを事前に防止する方法としては債務整理などの手段があります。

住宅ローンや自動車ローンを返さないとどうなる?

次に、住宅ローンや自動車ローンなどの借金を返せないとどうなるのかを考えてみましょう。

住宅ローンや自動車ローンには担保が設定されるのが普通です。
担保というのは借金を返せない場合にはこれを代わりに持っていきますよという約束のことです。

例えば住宅ローンの場合にはマイホームが担保となり、
自動車ローンには購入した自動車が担保となっていることが多いです。

もしこれらの借金を返せない場合には、債権者側は担保を競売にかけてしまいます。

住宅ローンを返せなくなるとマイホームから出て行くことになり、
自動車ローンを返せない時には自動車を失うことになります。

債権者となっている会社が自分のもの、として持って行ってしまいます。
もちろん、その分借金残高は減ることになります。

なお、マイホームを失わないようにしながら借金を減額してもらう方法としては個人再生があります。

債務整理で借金の減額ができる?

借金をどうしても返せない状態でこれからどうなるか不安・・・
という場合には債務整理を選択肢の一つに入れてみましょう。

債務整理を行うと借金の残高を減らしてもらうことができます。

「そんなうまい話があるの?」と思われる方も多いかもしれませんが、
債務整理は日本の法律で認められた完全に合法的な方法です。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3つがあります。

任意整理は債権者と直接交渉を行って借金の減額をしてもらう方法です。
多くの場合は利息免除という形で減らしてもらえます。

個人再生と自己破産は裁判所に対して借金減額を認めてもらうよう申し立てを行う方で、
利息免除だけではなく、借金元本の一部減額や全額免除(自己破産の場合)を認めてもらうことができます。

なお、個人再生の場合は住宅ローンだけは依然と同様に
返済し続けることを条件にマイホームを手元に残すことも可能です。

自己破産の場合は原則としてすべての財産を手放すことになります。