借金の相談をして人生をリスタートする

お金の相談をすると人は逃げていくもの(男性/30代)

男性/30代転職時に揃えたもの一式の金額150万円をすぐに回収できると思っていた矢先、
リーマンショックで会社が傾き残業禁止令が出てしまったことから借入が増えてしまいました。

消費者金融3社から330万円になった時に返済が厳しくなり、滞納ぎみに。

都内で生活していたので家賃が高く、残業をしないとやっていけない状況にあったのですが、見栄をはるため家族に苦しいことを話せずに1年が経過した頃には390万円に借金が増えていました。

そして、周囲に借金の相談をすると皆逃げていくのをこの時初めて体験し、四面楚歌になった気分でした。

督促電話が頻繁に鳴るようになりこれはヤバいと思い、ネット検索して法律事務所の無料診断を受けてみました。
そして、いざ弁護士事務所を相談に行くことになりました。

初めは堅苦しいイメージがあったのですが、予想よりもフレンドリーな先生で安心しました。

借入先の消費者金融の取引明細を忘れてしまったのですが、概略でも話を聞いてもらえたので後日FAXを送るとギャンブルや浪費で作った借金ではないことと不動産や車を所有していなかったため、自己破産が適しているという回答でした。

恥ずかしい話ですが、デメリットしか思い浮かばなかったのでしつこいくらい質問してしまったのですが、
納得するまで答えて頂けたのでありがたかったです。

困った時は専門家に頼るべきであるということを実感しました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

生活再建に必要な決断とは?

自分の置かれた状況を自覚する

借金はしないことが一番ですが、時にはやむを得ないこともあります。

浪費やギャンブルなどは別として、時には病気やケガ、突然の失業など
突発的に収入が途絶えてしまうといった事態は誰に起こっても不思議はありません。

特に近年の不況では、失業や減給で生活状況が悪化する人は増えており、恥ずかしいことではないのです。

何らかの事情で借金を抱えてしまった場合にはまず自分の状況を正確に把握し、
できるだけ早期に元の生活に戻れるような手段を考えましょう。

その為に重要なのは、まず当面の収入とそこからの可能な返済額などを算出し、
弁護士などの専門家に相談すること
です。

カードローンなど金利の高いものに関しては過払い金請求をしたり、場合によっては個人再生など、
状況に合った適切な解決法を提案して貰え、解決に導いてくれます。

返済が無理と判断したら早めに相談を

弁護士に相談するタイミングはできるだけ早いほうが悪い状況を回避しやすくなります。

なぜなら迷っているうちに返済が困難になったり、滞納する可能性もあるからです。
そうなってからではブラックリストに乗ってしまうだけでなく、返済するまで遅延金が上乗せされることになります。

過払い金を選択する場合も交渉のしやすさを考え、借金の相談は早めに踏み切ったほうが良いのです。

仮に自己破産を選択する場合にも滞納してからでは裁判所の心証が悪くなることも考えられ、
申立てしたものの返済の免除がされないといったことも心配されます。

何より督促の電話や書簡などが来るようになると、精神的な負担は想像以上になります。

仕事や通常の生活にも支障が出ることも多くなります。

弁護士に委ねて解決を図る

弁護士に相談すると、借金の総額や収入状況などに応じた適切な解決方法を考えてくれます。

相談した時点で過払い金の請求か任意整理、自己破産など個人で可能な債務整理の中から選択することになります。
そして、何より一番安心できるのは依頼することで一切の督促が止まることです。

依頼の契約書を交わした時点で弁護士は代理人として債務整理に動いてくれることになります。

カード会社などすべての債権者との交渉ややり取りは弁護士がやっていくことになる為、
督促の電話の対応に頭を痛めたり時間を割くこともありません。

弁護士に依頼した後は、提案してくれる解決法に素直に従い、
書類の提出など必要な協力をすることで早期の解決に繋がります

悩まずに早めのアクションで本来の生活を取り戻しましょう。