弁護士に借金相談した時の費用っていくら?

希望する債務整理の方法により費用は様々です(男性/30代)

男性/30代私は消費者金融と銀行系カードローンを合わせて5社から500万円ほどの借金があったため、
毎月の支払額が10万円に達していました。

おまとめローンで1本化したいと思って審査に申し込んだのですが、
否決されてしまい仕方なく払い続けていました。

専門家に相談しようと思いましたが、地方在住のため債務整理を専門とした法律家が少ないのが現状でした。

ネット上では各事務所の宣伝は大きく出ていますが、具体的な費用については
応相談という形になっており、イマイチ印象がつかめずにいたのです。

そんな時にふとたどり着いた法律相談所のHPではいくつかの設問に答えると、
自分に最適な依頼先を判別してくれるというサービスを行っていました。

早速行ってみると、初回相談無料の弁護士事務所を紹介してもらいました。

話をしてから契約の有無を決められるという点から相談予約をすることにしました。

私の場合、借入金額で1社だけ180万円という大口があったので、認定司法書士では
裁判になったときに本人訴訟となってしまうため弁護士のみの選択肢でした。

借入先の数と持ち家を手放したくないという点から、
個人再生を提案されて中身に納得ができたので弁護士に依頼することにしました。

弁護士の場合は個人再生委員への報酬が25万円から15万円に減額されるので、
合計45万円で手続きできました。

借金が1/5に減額されたので3年で支払う形になり、もうすぐ完済となります。

今まで自己破産しかないのかと諦めていたのですが、専門家に相談して良かったです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金の相談は弁護士へ

借金の整理にはいくつか方法がある

弁護士事務所を訪ねて借金相談をした場合、初回の相談費用は無料でこのときにいくつかの方法を提示されます。

現在行われている債務整理の方法としては任意整理と自己破産がありますが、
まったく返済が不可能ならば弁護士も自己破産をすすめます。

破産するほどではなく少しくらいなら返済が可能ならぱ、任意整理、特定調停、民事再生による整理をすすめられます。

任意整理とは裁判所が介入せずに、債権者と債務者が合意の上で整理を行う方法です。
借金の合計が200万円以下なら、この方法をすすめる場合があります。

特定調停とは、裁判所を通した債務整理です。

民事再生による整理とは借金額を10分の1程度に圧縮して、月々2~3万ずつ返済していく方法です。
どのような整理方法をとるか決まったところで弁護士に支払う費用が提示されます。

債務整理で借金を減額

弁護士に借金相談をして債務整理をすることになったら、債務調査を行い債務が合計いくらあるのかを確定します。

債務調査は貸金業者やクレジット会社からの借入金額を業者に問い合わせたりして1円単位まで調べ上げます。
債務が確定したら利息制限法に基づいた計算で残債務を確定し、整理案を作ります。

この時には、返済する債務はかなり減額されています。

整理案は一括返済か分割返済を選択しますが、不動産や財産がない場合は分割返済を選ぶしかないでしょう。
分割返済は、毎月の収入から生活に必要な経費を差し引いて、返済に充てる金額を決めます。

返済期間があまりに長いと債権者が同意しないことがあるので、だいたい3年以内となります。

債務整理にかかる弁護士費用の支払いも一括か分割を選ぶことができます。

自己破産は最後の手段

弁護士に借金相談をした場合、最初に勧められるのは債務整理ですが、自分の身体的状況などから生活を維持するだけで精一杯で、これ以上の返済は不可能と判断した場合は、自己破産を申し立てることになります。

自己破産は消費者金融やクレジットカードなどで多重債務となってしまった人たちができる借金整理の最後の手段です。

自己破産と聞くと手続きは大変そうだし、今後まともな生活ができなくなるのではと不安になる方もいるかもしれませんが、現在手続きは簡略化されており、裁判所などに納める費用つまり予納金なども安くなっています。

ただし、自己破産手続をしたいと思っても支払い不能の状態と認められないと、自己破産はできません。

支払不能かどうかは債務額、返済額、債務者の年収、保証人の有無、
会社に勤務している場合は給料や退職金など、かなり細かく調べられます。

借金が消費者金融からの借入ではなく、友人、知人から借りている場合は任意整理をするケースもあります。