神奈川県で借金相談して個人再生しました

妊娠をきっかけに借金で悩むことになりました(女性/30代)

女性/30代遠距離恋愛でゴールインして、夫が住んでいる神奈川県に引っ越しました。

仕事も辞めて次を探すつもりでしたが、妊娠でしばらく仕事探しがストップすることになりました。

おまけに生まれたのは三つ子で待機児童問題もあり、
保育所に預けることができず専業主婦をせざるを得なくなりました。

三つ子というのは何をするにしても一度に三人分の費用が掛かりますので、
考えていた生活費で生活することが不可能になってしまいました。

当初は貯金を切り崩して生活費にあてていたのですが、それも足りずに
最終的にはクレジットカードのキャッシングに頼るようになりました。

そして、ほどなくして返済に困るようになったのです。

見知らぬ土地で頼る人がいない、借金相談をする人がいないというのは辛いものでした。
結局夫婦で相談して弁護士事務所に頼ることにして、そこで債務整理を勧められて個人再生を行うことになりました。

義両親や実家の両親にも助けを求め、弁護士さんも金融会社との交渉を行ってくれて、
時間はかかりましたがなんとか無事返済を終えることができました。

相談相手がいない場合、自分一人で抱え込んで困惑してしまうケースが多いと思いますが、
それでは一向に解決しないと思うので勇気を出して早めに相談するのがいいことを学びました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金は早めの解決が鍵

そもそも必要な借金か考える

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠など、最近は主婦を中心に女性にも利用しやすいものが増えています。

そのため、生活費やショッピング、友達との外出など日常的なことで借金をする人も増えています。
今や借金は珍しいことではありません。

そうは言っても、本当に必要のないお金まで安易に借りてしまっては返済が大変なことになります。

実際に神奈川でも返済に困り借金相談をする人は増えているのです。

そうならないためにはどうすれば良いでしょうか?
まずは本当に今必要なものかどうか考えることです。

後でまとまったお金が入る場合にはそれまで待つのも必要です。

入った時に一括で返済できれば良いですが、返済を分割にした場合には
入ったお金を返済に充てずに他に使ってしまうことも多いものです。

必要以上に借りない

もし借りてしまってもそれ以上には借りないようにしましょう。

カードローンやキャッシングなどは限度額の範囲内であれば何度でも追加で利用が可能です。
しかし、これが大きな落とし穴になるのです。

ちょっと返済が進んで限度額の残金が増えると気が大きくなってしまい、また利用する人も多いのです。

特に1回の返済額を低く設定していると麻痺してしまう傾向もあります。
カードの利用は必要に迫られた時だけに留めたら、完済するまで利用しないことが大切です。

残金があるだけすべて借りてしまい、どうにもならずに借金相談に弁護士を訪れる人は少なくありません。

神奈川もこうした女性を中心に相談を受ける弁護士が急増しています。
収入で十分足りているのに借りることに依存してしまう人もいます。

弁護士に相談する理由とは?

借金問題は身近な人に相談するのも良い場合はありますが、解決に至らないことも多いものです。

特に借金の総額が膨らんでしまった場合には話を聞いてもらう程度になりがちです。
借金を解決するには法律に沿った方法を取る必要があります。

返済ができずに放置してしまったり、返済のために借金を重ねてしまう前に弁護士に借金相談をしましょう。
弁護士を通すことで必要な交渉や書類の作成にも有利で安全に進められるからです。

神奈川でも借金問題に多く取り組み、実績を増やしている弁護士は多数います。

まずは無料相談会やインターネットの口コミサイトなどを利用し、
自分が良いと感じた弁護士事務所を探すことから始めてみましょう。

借金相談は返済が厳しいと感じた時がタイミングです。