主婦が借金相談して任意整理をした体験談

学費に困って夫に隠れて借金をしました(女性/30代)

女性/30代結婚前はキャリアウーマンとして働いていて、平均より多めの収入を得ていました。

しかし結婚後に双子を出産し、そのうちの一人が
体が弱かったこともあり仕事を退職して専業主婦になりました。

貯金は結構あったので独身時代と同じようなお金を使い方をしていたのですが、
子供たちが高校進学、そして大学に行くようになって金銭的に厳しくなってきました。

そして、子供の学費のためにカードローンを利用するまでになり、パートでの返済も追いつかなくなりました。これはマズイと思って知り合いの弁護士に借金相談に行ったところ、任意整理を勧められました

主人にも覚悟を決めて話したところ、初めは叱られましたが許してくれました。

そして、任意整理の手続きをしたのですが、主人の助けもあって膨れ上がった借金を返すことができました。

独身時代と違って主婦の借金は家族にも迷惑をかけてしまうもので、
借金する前にちゃんと相談して金銭の工面をすることが大切だと分かりました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

家族に知られないためには任意整理の検討が必要です

借金相談の受付は弁護士の法律事務所で行われています

弁護士事務所では借金相談について受け付けているところが多いですが、
近年の1つの特徴として主婦からの相談が多い点が挙げられます。

消費者金融業者の中には主婦に対して積極的に融資を実行しているところがありますので、
借り入れのし過ぎによって返済できなくなる事態が増えています。

借金相談をしたいと考えている時には、プロの法律家として弁護士に行うことが可能で、
それぞれの立場に応じて適切な債務整理について提案を受けることができます。

旦那や家族に内緒で借り入れをしている時には、できるだけ家族に知られない方法で
債務整理を成立させる必要があると言えます。

家族に知られたくないと考えている場合には、弁護士に相談する段階で最初に話しておくことがおすすめです。

家族に知られずに債務整理をしたいなら任意整理が最適です

多額の借金を抱えていて、収入が少ない主婦の場合には、自己破産をしたほうが良いと考えられますが、
自己破産は裁判所を経由して行う手続きとなることから家族に知られる心配があります。

裁判所で借金の返済能力が無いことを認めてもらうためには、
法律的な書類を作成することや、自分や旦那の収入証明書を提出する必要があります。

裁判所からの書類が届けられることや、様々な連絡事項について家族に見られてしまうことで、
弁護士に借金相談をしていることが知られる原因となります。

誰にも知られないように借金問題を解決したいのであれば、
自己破産よりも任意整理のほうが最適だと考えられます。

任意整理は裁判所を経由しない債務整理の手続きで、個別的に整理したい金融業者に対して
弁護士を代理人として交渉をしてもらうことで解決できる可能性があります。

任意整理と自己破産の違いについて

任意整理であれば財産を失うデメリットのない債務整理となりますので、
住宅や自動車などを保有していても手放す心配はありません。

自己破産をした時には財産を処分しなければならないことで、
自動車などを売却した時に家族に借金について知られることが予想されます。

ただし、自己破産とは異なり、任意整理は借金を減額する手続きのために、
支払義務が全面的に免除されるわけではありません。

したがって、減額の和解が成立した後になっても、借金の返済を継続する必要があります。
また、法定利息を超えた支払いをしているケースでなければ、有効な減額の交渉が成立しない可能性もあります。

主婦が借金相談をして任意整理を進めるためには十分に弁護士に相談をして、
自分の立場で任意整理をすることが可能なのか確認することが重要です。