借金相談に困った時は法律事務所へ行くのがおすすめ

仕事を辞めた後に孤独となり、借金を背負ってしまった(男性/60代)

男性/60代私は、60代男性。会社を定年退職後は嘱託社員として何年か勤務してきましたが、
仕事内容は変わらずで、給料が半分にも満たない……。

子どもも独立し、モチベーションをどこにもっていけばよいか分からずにいました。

いわゆる燃え尽き症候群というものでしょうか。

退職したらやりたいことも見つかるだろうと、やんわりした考えで、
何年かの雇用契約期間を残し、嘱託の仕事も辞めてしまいました。

毎日のように家いる私に妻はうんざりしている様子です。会話もなく、家での居場所はありません。

そんな私が暇つぶしに行ってみたのが、競艇です。私はボートの音とスピード感に次第にハマっていきました。
通ううちに顔見知りになった仲間と夜は飲み歩きの毎日を送りました。

そんな生活を続けた結果、退職金が無くなるのに、1年もかからなかったと思います。

私は軽い気持ちでカードローンに手を出しました。
借金をしたことは妻に内緒にしたまま、どんどん金額は膨れ上がりました

私は家族に相談できるはずもなく、法務に詳しい同僚に思い切って連絡を取ることにしました。

その同僚がいうには、「あれこれ考えず、債務整理に詳しい弁護士に相談したほうがいい」ということでした。
同僚からアドバイスをもらうまでは、債務整理という発想は全くありませんでした。

すぐに、どんな事務所がいいのか色々情報をもらい、ここはという弁護士さんを見つけ、相談することにしたのです。

膨れあがった借金は整理できると弁護士さんから力強いお言葉をいただき、何とか借金を返済する目途が立ちました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

借金相談はなぜ弁護士や司法書士がいいの?

多重債務を抱え、個人の力では返済が困難な場合は、
債務問題のプロである弁護士もしくは司法書士に相談するのが主流です。

なぜ弁護士や司法書士に任せるのかというと、彼らが法律の専門家で、
煩雑な手続きに要する知識も豊富に備えている
からです。

債務整理も種類によっては裁判所を介して、手続きを行い場合があります。

そうなると、これは素人の及ぶ範囲ではありません。

例えば民事訴訟でも、裁判所で争うときは弁護士さんにお金を払って依頼するでしょう。
自分で弁護する知識や能力があればいいのですが、そんな芸当を持つ一般人はいないといっていいでしょう。

債務整理も同じで、専門家に任せるのがもっとも効率的で最良の結果を生む手段といえます。

どんな事務所がおすすめ?

借金問題でおすすめの相談先は、弁護士もしくは司法書士事務所です。

しかし、世の中には実にたくさんの法律事務所が存在します。

その中でどれを選べばいいのか、多くの方はお悩みになるでしょう。
私は幸運にも法務関係に詳しい知り合いがいたので、いい弁護士さんを見つけることができました。

そこで、その知り合いから聞いた、信頼できる法律事務所の選び方をご紹介します。

いい事務所を見分けるポイントはいくつかあります。
「実績」「経験」「料金設定」「対応の良さ」「充実したスタッフ体制」などです。

これらの項目の平均点が満遍なく高い事務所は、間違いなく頼りにしていいといえます。

このような事務所を見つけるには、ホームページを拝見しただけでは分からないかと思われます。

そこでおすすめなのが、初回相談無料の事務所でいくつかめぼしいところを探し、
実際に接してみて全体を見極める
、というやり方です。

やはり情報だけを見るより、事務所に直接足を運んで先生の人物や
事務所の雰囲気を確かめるほうが妥当な評価が下せます。

逆におすすめできない事務所は?

おすすめできない事務所は、なかなか予約ができない、多忙なところなどです。

実際に、繁盛している事務所は抱えている顧客も多く、ずっと先まで予約が埋まっているところも珍しくありません。

人気の事務所はそれだけ実績もあり、頼れるという証拠にもなりますが、
いたずらに待たされていては借金の額も膨らむばかりです。

速やかに対応してくれる事務所を選んだほうがベストです。