詐欺に遭って借金、この滞納状態を誰に相談すれば?

結婚詐欺に遭うなんて一生の不覚です(男性/50代)

男性/50代大学は一応卒業したものの、就職活動に失敗し
30年近くアルバイトを掛け持ちする生活を送ってきました。

いい歳をしてフリーターなんて女性も相手をしてくれるはずもなく、50代にしていまだ独身です。
そんなある日、アルバイト先のバーに毎日のように訪れる30代後半くらいの女性がいました。

あまりに毎日通ってくれるので、ちょっとした会話をする程度の仲にはなっていました。

彼女は独身なのが不思議なほど、魅力で溢れていましたし、正直タイプでした。
私たちは自然にLINEをする間柄になり、たびたび居酒屋デートを重ねるうちに交際に発展しました。

彼女はなぜか結婚を匂わせる発言が多かったことを今でも覚えています。

半年ほど交際した頃でしょうか。彼女の家業が倒産寸前で、すぐにでも600万円が必要だというのです。

この歳で結婚を意識した女性は初めてだったので、冷静な判断をできなかったことは今でも後悔してもしきれません。
彼女はそのお金を持って私の前から消えました。

きっと彼女が居なくなるのを心のどこかでわかっていたのかも知れません。

私には莫大な借金だけが残りましたが、不思議と誰も責める気にはなれませんでした。
弁護士事務所で相談した結果、個人再生の方向で話は進み、騙されたお金を返し続けています

家賃の滞納も大家さんに事情を話したら少し期限を設けてくれることになりました。

彼女が居なくなったことは許せないことかも知れませんが、彼女がいたこの半年間、私は幸せだったと思います。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

債務整理はいくらからできますか?

債務整理自体はいくらからという決まりは、個人再生以外ありません。

唯一、個人再生を行う場合は借金が100万円を超えている必要があるのです。
明確な決まりがない、任意整理・特定調停・自己破産ですが、ある程度目安のようなものがあります。

借金の返済額が収入をはるかに超えているような場合は、債務整理を検討してもよいのではないでしょうか。

初めて家を借りるときに家賃は給料の3分の1、もしくは4分の1までに抑えることが望ましいと言われています。
それを超えると収入を超える恐れがあるからです。

赤字の分は、貯金を使うかクレジットカードを使ってキャッシングするなどの手段を考えなければいけません。

そうやって少しずつ、お財布事情が乱れてきてしまいます。

借金の場合も同じで一度崩れると正常な状態に戻すのは難しく、
日頃からなるべく把握できるようなお金の使い方をしたいものですね。

個人再生はどのくらいで終わりますか?

個人再生の手続きがすべて終わるのに約半年~10ヶ月ほどかかります

裁判所を通しての手続きなので、はっきりしたことは言えないようで、1年かかる場合もあるそうです。
私もまだ手続きを開始したばかりですが、平均すると半年を予定しておけばいいでしょうということでした。

独り身ですので、そこまで急ぐこともないなと気長に過ごしています。

本人が裁判所に出頭することはありませんので、出向くとすると弁護士事務所くらいです。

私は結婚詐欺という人生最大の恥を経験しましたが、日本中には私のように
突然の不幸に襲われて借金を背負う人は後を絶たないそうです。

借金の相談は恥ずかしいことではありません。

前向きに人生と向き合うために必要な通過点だと思って、
堂々としていることが自分自身の尊厳を守ることになると私は思いますよ。

個人再生と自己破産の違いは何ですか?

個人再生と自己破産は両方とも、債務整理の手段です。

個人再生は2001年4月にスタートした制度で債務整理の手段の中では比較的新しいものを言えます。

自己破産は借金を清算するという性質の整理方法で、一方、個人再生は
3年間に減額された借金を返済していく計画返済型の債務整理です。

比較してみるとメリットなども大きく異なります。

個人再生手続きは住宅ローンはそのまま継続することが可能で、
大切な資産を失うことなく債務の整理を行うことができるのです。

自己破産は無職でも手続きができ、借金もゼロにすることができる代わりに、
家や車といった財産を失うことが特徴になっています。