買い物好きが災いして作った借金を減らす方法は?

無類の買い物好きが原因で、借金をつくってしまいました(女性/20代)

女性/20代都内に通うOLの私は、無類の買い物好きです。毎週金曜日になると合コンに繰り出すため、
「洋服が命」というくらい、ファッションにはこだわりがあります。

そのせいか、私の給料のほとんどはカード払いで購入した代金の支払いに消えていきます。

給料がよい会社というわけではないので、
ボーナスがでると足りない分を一気に埋めるような生活をしていました。

それでもクレジットカードで洋服やバックを買い過ぎてしまった時にはピンチに陥り、
その場しのぎでカードローンに手を出すこともありました……。

自分でもわかっているのですが、「新しい服が欲しい」という欲求を、どうすることもできません。

カードローンで作った借金は真面目に返済しているつもりが全く減らず、逆にどんどん増えていきました
一人っ子で親は厳しく、20歳を過ぎた大人が買い物をし過ぎて借金をしたなんて、相談できる雰囲気はありませんでした。

返済が滞ると同時に、一気何も手につかない状態で会社をサボってしまうこともありましたね……。

とはいえ、会社を休んだところで借金が減るはずもありませんから、
何気なくインターネットを使って借金を減らす方法について調べてみることにしました。

すると、意外にも多くの情報があったので、
「もしかして、私にも借金を減らす方法が見つかるのではないか!」という一筋の光が差しました。

相談なら無料という法律事務所がたくさんあったので、
親には秘密で借金の返済について相談することにしました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

法律事務所の相談は、本当に無料ですか?

インターネットやスマホ使って調べてみると、借金の返済について
無料の相談に応じてくれる窓口はたくさんありました

法律事務所の「相談は無料」が信用できなければ、念のため電話で一度確認するとよいでしょう。
実際に債務整理を行う流れになれば、各法律事務所によって、金額の設定が異なります。

弁護士への支払いの方法も分割できる良心的なところもあるので、粘り強く自分に合う事務所を探すのもポイントですね。

債務整理には何種類か方法があり、金額的に差が出るのも事実です。
「相談が無料」の段階のうちに、今後かかる費用について、明確にしておきましょう。

相談の内容を忘れてしまわないように、あらかじめ箇条書きにメモしておくのもオススメです。

債務整理にはどんなメリットが期待できますか?

借金の返済方法というと、テレビやドラマのイメージからか、まず初めに自己破産という言葉が浮かびますよね。

しかし実際に弁護士の話を聞いてみると、債務整理には、
自己破産・任意整理・自己破産・個人再生の4種類があると分かりました。

今回は、私が行った「任意整理」を行うメリットをご紹介します。

任意整理を行うと、金融業者からの督促がすべて止まります。
電話での請求などもなくなるため、精神的な負担がかなり軽減されました

職業や資格に制限がありません。万が一、過払い金が発生していた場合は、臨時収入として受け取ることも可能です。

また、官報などに自分の情報が掲載されないので、会社や家族に知られずに借金を減らせます。

それぞれの債務整理の方法にメリット・デメリットがありますので、
自分でインターネットなどを利用し、簡単に調べてみるのをオススメします。

会社で働きつつ借金を減らす方法はありますか?

面倒な手続きとなると、会社を頻繁に休まなければならないというリスクがありますよね。

しかし、「任意整理」なら、いったん弁護士へ依頼するだけで、
面倒な手続きをすべて専門家に任せることができます

書類を用意する手間などに、時間をかける必要はありません。

弁護士とのやり取りはすべて個人のメールや携帯電話にしてもらうよう
依頼をしておけば、会社への不必要な連絡も避けられるでしょう。

依頼をするなら、自分の希望は必ず弁護士の先生にお伝えしておきましょう。

もし、同居している親に知られたくないのであれば、自宅への郵便物を控えたり、局留めにしたりするのも可能です。
身近な人に秘密にするのはそれなりの注意とパワーが必要になりますが、不可能ではありません。

借金を減らす方法をお探しの方は、法律事務所で相談してみてはいかがでしょうか。