借金していた彼女と別れるのをやめました

彼女がとんでもない額の借金をしてしまった……。(男性/30代)

男性/30代同じ職場に1歳年下のOLの彼女がいます。

会社はIT系企業で二人ともバリバリ仕事をこなしながら、
遊びのほうも結構派手だったように思います。

付き合って3年、そろそろ年齢的にも結婚を考えようかと、
さりげなく彼女に切り出したときのことです。

突然、「実は私、借金があるの……」と言いながら、号泣しはじめました。

私は想定外の告白に唖然としながらも、借金を作った経緯を聞いてみることにしました。
すると、セレブな同期の女子に触発されて、高額なネックレスをローンで購入したとのことでした。

一つ買うとお揃いのピアスが欲しくなり、我慢できずにボーナス一括払いしたものまであるというのです。

高級ブランドはピアスでも、私たちの給料、数カ月分の値段でした。
収入分を考えると全く見合わない返済額に、最終的に足りない分をカードローンで補うようになりました。

その後借金は減るどころか、膨らむ一方だというのです。

結婚後のことを考えると不安もありましたが、僕は覚悟をきめ、ひとまず一緒に完済への道を探ることにしたのです。

借金を整理して、彼女との平穏な日々を取り戻したい――そんな思いでいい解決法はないか、
ネット検索していたら「債務整理」という言葉にぶつかりました。

それは弁護士事務所のホームページだったのですが、中をのぞいてみて、
「これなら楽に返済できるんじゃないだろうか」と思い、迷わず電話をかけて相談の予約を取り付けました。

指定の日、彼女と一緒に事務所に足を運んで、債務整理について詳しく教えてもらいました。

弁護士さんの話によると、任意整理で利息を軽くすることができると言われました。

その後は弁護士さんにお任せで、業者との交渉もすべてやってくれて、
何とか借金を完済し、彼女と別れずにすんだというわけです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

彼女はどうして借金を返せなくなったの?

僕の彼女が借金をした理由は体験談で紹介したように、
友達に対抗意識を燃やしてブランドにはまったことでした。

このあたりの女性特有のプライドや、見栄の張り合いは男の僕にはよく分かりませんが、
ブランドという高額商品をローンで立て続けに購入したら、借金の額も簡単に膨らみます。

けれど問題はブランド購入で借金地獄になったというより、ブランド購入代金を返済するために別の業者に借金し、
また新たにキャッシング先を作ってという感じで、複数の業者相手に借金をしてしまったことです。

こういう返済方法を、業界では自転車操業といいます。

自転車はペダルを常に漕いでいないと倒れてしまう構造です。

一度大きな額を借りて返済に困ってしまうと、それを返すために借金というペダルを踏み続けることで何とか支える、
そんな常に瀬戸際に立たされた状況だったのが、僕の彼女だったわけです。

信頼できる弁護士事務所は何を基準に選べばいい?

僕たちと同じように、借金に困って法律相談所を探している方は多いでしょう。

難しいのは信頼のおける弁護士事務所をどうやって探すか、ということですよね。
僕の経験から、この点についてアドバイスします。

まず、絶対条件が「債務問題に強い弁護士」であることです。

法律に詳しい弁護士でも、それぞれ異なる得意分野を持っています。
離婚相談を専門に扱う弁護士に、借金の相談をしても始まりませんよね。

餅は餅屋といわれるように、債務整理を多くこなしてきた実績豊富なスペシャリストのいる事務所を探しましょう。

次にいえるのが、事務所スタッフの陣営です。債務整理は手続きが非常に面倒で、時間も手間もかかります。
そのうえ、業者との交渉も行いますので、スタッフが手薄な事務所じゃ少し頼りないかもしれません。

多少料金が張っても、実績があって人員に余裕のある弁護士事務所を選ぶことをおすすめしたいです。

債務整理のメリットは?

債務整理をする最大のメリットは、借金の額を減らせることです。

そして、金利や返済額、返済方法などを決める業者との交渉は、
すべて弁護士や司法書士などがやってくれますので、精神的にも体力的にも負担が軽くなります。

彼女は任意整理で借金を減らしましたが、弁護士さんに依頼をお願いした時点で督促が止まりました。

生活設計も立てやすくなり、新たな気持ちで返済にのぞめます。
確かにいいことばかりではありませんが、僕たちの場合、債務整理する方法を選んで間違いありませんでした。