借金でどうにもならない時の対処法

借金で首が回らなくなったら(男性/20代)

男性/20代お金をたくさん借りていることを他人に知られたくないと思うあまり、
どうしても一人で考え込んでしまうことが多くなります。

私も誰にも相談せずに一人で抱え込んでいたのですが、お金の借り方にも際限がつかなくなって、
いつの間にか借金が大きな金額にまで膨れ上がってしまいました。

そこで、ようやく法律事務所に相談してみようと思ったのです。

相談してみて分かったのは、やはり借金問題の解決には専門家の力が欠かせないということです。法律事務所は問題解決のために様々な提案をしてくれます。その一つが任意整理というものです。

任意整理ではカード会社や消費者金融に掛け合って、
利息を減額してくれるように要求したり、元本のみの返済にこぎつけてくれたりします。

しかし、こうした手続きを一人でやるのはほとんど不可能なことです。

第三者の力が欠かせず、法律事務所はまさにそういった交渉のスペシャリストなのです。
もしも債務でどうにもならないと感じたら、まずは早めに法律事務所に相談することが肝心かもしれません。

債務の相談は早ければ早いほど良い状況を生み出します。私もすぐに行動したので、最悪の事態にならずに済みました。

時間が経てば経つほど借金は勝手に増えていくので、一人で抱え込まずにまずは法律事務所に相談してみましょう。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

返済ができないと感じた時のベストな選択は?

借金を安易にしていませんか?

近年、借金をしてしまう主婦が急増しています。

これは家計収入に余裕がなく、突発的な出費に備えておけるだけの余裕がないこともありますが、
ギャンブルやブランド品などの浪費で増やしてしまう主婦が多いのも現状です。

その背景には主婦やアルバイトでも利用可能な金融商品が増えていたのもあります。

しかし、まずは世帯収入や家計全体をしっかり把握し、それに見合った生活をするのが一番です。

万が一突発的な出費でやむを得ず借りる場合でも、
月々の返済が余裕を持ってできる範囲内での健全な利用を心がけましょう。

それを見誤ってしまうと借金でどうにもならない事態に陥ってしまい、最悪は離婚まで発展するケースもあります。

この主婦の借金は社会問題の一つであり、離婚原因にもなりつつあるのです。

適切なタイミングを選ぶ

実際に借金の返済が家計を圧迫し始め、どうにもならないと感じたら
早い段階で債務整理を考えるのが最も大切な決断になります。

金額によって様々な対処法がありますが、まずはこの判断をいつするかでその後の流れは大きく変わります。

その場合、債務整理の方法については専門家の指示を仰ぐことです。
スムーズな返済が難しいと感じたらすぐに弁護士に相談しましょう。まず始めは簡単な相談で良いのです。

借金の総額と世帯収入、月々の返済額が明確になる資料を揃え、弁護士に相談します。

相談は無料の所もありますし、30分程であれば5000円程度が目安です。
初回の相談はこの程度の時間があれば、まず方向性を見出すには十分です。

専門家に見てもらい、過払い金請求か任意整理をするか適切に判断してもらいましょう。

決断したらプロに委ねる

債務整理を決断し、自分に合った弁護士に依頼を決めたら、後は弁護士を信頼してすべて委ねることが大切です。

弁護士に依頼するにはまず着手金が必要です。
債務整理の場合、事務所や債務の総額にもよりますが一般的には15万円~20万円前後が多いようです。

これは一括で支払うのが原則ですが、厳しい場合は分割にしてくれる事務所もありますし、
立て替えをしてくれる機関もあるので上手に活用しましょう。

いずれにしても借金で辛い思いをするより、はるかに健全な対処法になります。

さらに過払い金請求の場合には成功報酬の支払いも発生しますが、これはすべての過払い金が
完了した時に戻ってきた金額からの支払いになるため、弁護士との清算という形になります。

最悪は自己破産もありますが、借金がどうにもならない場合には
すべて委ねることで一日でも早い生活再建が可能なのです。