個人再生のメリット・デメリットとは

新築の家を失うことなく借金を減額(女性/40代)

女性/40代私たち夫婦は共働きで住宅ローンを夫婦名義で申し込み、家を購入したのですが、
私の名義で借りた子供の学資ローンの支払いがきつくなってしまい、困っていました。

主人の勤務先の業績も悪化の一方で、給料が大分少なくなり
住宅ローンの支払いが滞るのも時間の問題です。

私は保険の外交員をしているので、債務整理をすると仕事を辞める必要があると思い、
問題が大きくなる前に解決するため、法律事務所のサイトから無料診断を受けることにしました。

実名を記入せずに借金の金額や住宅ローンの有無等を入力して、
どのくらい金額が減らせるのか計算したところ、かなり減額できそうでした。

主人は私が職を失う可能性を考えて債務整理に反対しましたが、大丈夫と説得して手続きをすることにしました。

法律事務所で先生に詳細を説明したら、債務整理でも個人再生ならば住宅ローン以外の借金を減らすことができ、
家を手放さなくてもいいし職業の制限もないので、保険外交員も辞める必要がないと言われました。

先生に正式に依頼をして、裁判所で手続きすることになりました。

2、3ヶ月計画的に積立をする練習をして実績を作り、裁判所に提出したところ、
個人再生が認められて教育資金の借金を5分の1まで減らすことができました。

そして、毎月決められた金額を3年間返済することになりました。

安定した仕事があって個人再生ができたので、今まで通りの暮らしができています。
また、法律事務所に支払うお金は分割払いにしてもらい、生活を圧迫しないようにして頂けました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

個人再生を知ろう

個人再生とはなにか?

個人再生とは裁判所を通して借金を減らしてもらい、
その減額された借金を3~5年で支払うこと
をいいます。

借金の額が大きすぎ、借金先との交渉によって返済計画を見直す「任意整理」や
「特定調停」では完済できそうにない方の選択肢となります。

自己破産ではなく、個人再生を利用することに向いている方というのは
住宅ローンを支払中の方でマイホームを手放したくないという方を挙げることができます。

個人再生だと、一定の場合にはマイホームを手放さずに済みます。

ただし、住宅ローンの額も減額されるわけではありませんので注意が必要です。

これに対し、自己破産の場合は借金がゼロになるかわりにマイホームを手放さなくてはなりません。
そして、安定した収入があり、借金額が減れば返済できるという方が個人再生の利用に向いています。

メリットとデメリット

個人再生のメリットとしてはまず、借金額が原則として5分の1に減らしてもらえるため、
返済の負担を減らすことができる点です。

そして、すでに述べたようにマイホームを手放さなくて済みます。

さらに、ギャンブルやブランド品の購入などの利用で借金を作っていた場合、
自己破産手続きだと認められない場合があります。

しかし、個人再生の場合は借金を作った理由は問われません。

デメリットとしては、いわゆるブラックリストに登録されることです。

これにより、5~7年間はクレジットカードを作れなくなったり、新たな借金をすることができなくなります。
次に、住所氏名が「官報」という国が発行している新聞のようなものに載ります。

個人で官報を毎日チェックしているような人はいませんので、知人等に知られる確率は低いといえます。

ただし、闇金業者からは何らかの手紙が届くこともありますので、その場合は無視しましょう。

個人再生を受けるための条件

以上のようなメリットとデメリットがあるわけですが、個人再生は誰でも利用できるわけではありません

まず、住宅ローンを除く借金が5000万円以下であること。次に、今後3~5年のうちに収入を得る見込みがあること。
そして、返済の計画(再生計画案)で減額された借金を3年で返すことができる方であること、などの条件があります。

安定した収入のない方、生活保護受給者は個人再生を利用することができません。

ただし、一般の会社とは違う給料のもらい方をしており、継続的な収入があっても額が不安定であるという方の場合であっても、個人再生を利用できる可能性はありますので、詳細を弁護士や司法書士といった専門家に相談してみましょう。

また、手続きをするにあたり、裁判所に支払う費用や専門家に依頼する費用が必要であることも忘れずに。

費用としては、30万円前後です。