借金を返せなくなり、個人再生を相談しました

職場の後輩に負けじとブランド品を買いあさり、借金まみれに…。(女性/50代)

女性/50代2年前に自分の会社に入ってきた女が、どうも好きになれませんでした。

男性にはやたらと愛想がいいのですが、仕事を教えてあげている私に対しては、
明らかにナメているとしか思えないような言動を取るのです。

彼女は普段、スーツやバッグに財布、時計など妙に高価なブランドものを身に着けています。

休憩時間に彼女の同僚との会話に耳を傾けたら、
「あのカバン、彼氏にもらったの~」とか何とか自慢しています。

それだけならマシなのですが、こともあろうに私のことを「あの地味なおばさん」と呼び、陰口を言っていたのです。

私はその日をきっかけに、彼女に対抗するようにブランド品を買うようになりました。
ある日、何十万もするブランドもののバッグを持って出勤すると、その女が「私それ持ってます~!」と言ってきました。

私はカッとなって、すぐに別のブランドのバッグを購入し、
その後も彼女と張り合うため、高価なブランド品をいくつも購入しました。

頭に血が上っていたので周りが見えず、キャッシングにも手を出しました。

「こんな金額、返せない……」と気がついたのは、随分と後になってからです。
見栄で馬鹿なことをした自分を呪いたい気持ちで、ネットで見つけた法律事務所へ相談に行きました。

そこで、弁護士の先生から個人再生という方法を教えてもらったのです。

マンションを購入していた私にとって、そのまま自宅を保有できる個人再生ほどありがたいものはありませんでした。
先生に相談して本当に良かったと思っています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

個人再生の条件を教えてください

個人再生は、自己破産を除いて最も大幅に借金を減額できる債務整理の方法です。

個人再生を利用するには、いくつかの条件があります。

  • 住宅ローンを除く借金の総額が5000万円以下
  • 継続的に安定した収入があること

個人再生を利用したくても、以上の条件を満たさなければなりません。

借金総額を大幅に低額できる分、残った債務はきちんと責任をもって返済する必要があります。
そのため、一定の収入があることが、個人再生を活用する最低条件といえるでしょう。

個人再生のメリットは何ですか?

個人再生は、自己破産と同じく裁判所に申し立てを行います。

原則として債務の5分の1がカットされますが、自己破産と違い、
マイホームやマイカーなどの大切な財産を処分する必要はありません。

これらは大切な思い出の詰まったものですので、誰も手放したくありませんよね。

失うものも少ない中で、払う分がもっとも削減できるので、
債務整理の中では最もメリットが大きいといえるでしょう。

また、個人再生の手続きが開始されると、給料差し押さえなどの強制執行が無効となります。

それまで続いていた債権者の厳しい追及もやみ、平穏な生活を取り戻せるのです。
裁判所に提出した再生計画案が認められると、そのプランに沿って返済をしていきます。

3年間の分割支払いが終了すれば、残りの債務返済は全て免除されます。

返済期間は特別な事情が認められる場合、最長5年まで延長することも可能です。

個人再生を相談するには、どんな法律事務所がいいですか?

個人再生を相談するには、債務整理に強い弁護士事務所がおすすめです。

個人再生は、任意整理より大型の債務案件である可能性が高いため、
豊富な債務整理の実績を持った法律事務所が望まれます。

また、初回無料相談できる事務所を選択するのがベストです。

初回の相談料が無料でできるだけでも、利用者にとっては負担が軽く済んで助かるでしょう。

電話やメールでの相談の他、個人再生が利用可能かどうかの
診断シミュレーションを無料で実施している事務所もおすすめです。

弁護士に相談する前に、無料診断を受けて個人再生が可能かどうか自己判断してみるのもいいでしょう。

その他、「対応が丁寧で相談がしやすい」「全国どこでも対応」
「24時間365日相談可能」「分割払いOK」といった要素も選ばれる弁護士事務所の条件です。

実績豊富なうえ、債務者に優しく親身に相談に乗ってくれる法律事務所を選びましょう。