個人再生は家族や勤務先にバレないでできる?

家族や周囲の人に借金を知られないように(女性/40代)

女性/40代結婚して仕事を辞めて子供を出産して、今まで子育てに力を入れてきました。

しかし、子供が成長して手がかからなくなると何となく毎日が退屈になり、
そんな時にパチンコで遊ぶことの楽しさを覚えました。

その結果、自分の小遣いや貯金があっという間になくなり、生活費にまで手を付けてしまいました。

また、カードローンも利用していたのですが、すぐに利息で借金返済に苦しむようになりました。
慌ててパートで働きだしたものの、時すでに遅しで弁護士に相談することになったのです。

そこで勧められたのが個人再生でしたが、唯一気になったのが家族や周囲の人に借金がバレることでした。

幸いにも個人再生は周囲にバレないように行えると知って、正式にお願いすることにしました。

そして、弁護士さんが法的な手続きを取ってくれたおかげで、
借金の額がかなり圧縮されて毎月の支払いが随分と楽になりました。

利息に苦しんでいる方は弁護士さんに相談して、債務整理をすると本当に気持ちが楽になると思います。

周囲にも借金をしていることがバレませんし、何より返済額が減るので物理的にも精神的にも安定が得られます。
切羽詰ったらなるべく早く専門家に相談する、これがもっとも大切なポイントだと知りました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

個人再生の手続きについて

個人再生は家族にはバレる可能性が高い

借金の存在を家族には内緒にしているという方の場合、
債務整理の手続きを家族や勤務先にバレないでできるかどうかは切実な問題ですよね。

個人再生は裁判所を通した手続きで、必要書類として家族の収入を証明するもの(源泉徴収票や給与明細)、
銀行残高を証明するものなどが必要になります。

個人再生は借金を減額してあげれば完済できる見込みがあるか
裁判所が債務者の収入の状況を見ながら判断していくことになります。

ここで収入は世帯としてどの程度の金額が見込めるかをもとに
判断していくことになるため、家族の方の情報も必要になるのです。

普通これらの書類は家族本人の許可がないと手に入れにくいでしょうから、
個人再生を行う上では家族とも相談しながら行っていくのが一般的です。

どうしても家族にバレたくない場合は?

それでもどうしても、家族にはバレないように個人再生手続きを完了したい
と思っている方もおられるかと思います。

その場合は専門家(弁護士や司法書士)にその旨を相談するようにすれば、
できる限りの配慮はしてくれる可能性が高いです。

電話での連絡なども家族には弁護士からかかってきているということが分からないようにしてくれますし、
裁判所からの郵便物や連絡については専門家が代理で受けてもらうことも可能です。

ただ、上記のようにご家族の収入や財産を証明する書類については勤務先などに依頼しないと手に入らない場合もありますので、その場合には家族にも個人再生を行っていることを知られる可能性はあります。

また、家族が借金の保証人になっているような場合には、
個人再生を行うとその保証人に対して請求がいくことになります。

個人再生手続きは短くとも4ヶ月程度はかかる長丁場になるのが普通です。
できればご家族の承諾を受けた上で行うのが適切です。

個人再生は勤務先にはバレない?

一方で個人再生を行ったことが勤務先にバレないのか?という不安については、それほど心配する必要はないでしょう。

裁判所からは基本的に本人や代理人(弁護士など)に対してしか連絡が行くことはありませんし、
勤務先になんらかの開示義務があるというわけでもありません。

一点注意しておくべきは個人再生を行うと、官報(政府が発行する新聞のようなもの)という刊行物に
住所や名前、連絡先が載ってしまうことです。

官報はインターネット上でも誰でも閲覧することができるため、
個人再生の事実を知られてしまうという可能性はゼロとは言い切れません。

ただし、官報を定期的にチェックしているという人は普通はいませんし、
インターネットで掲載されているといっても特定の個人の名前を探し出すというのは大変な作業です。

個人再生を行ったことがなんとなく分かっていて、それを確かめようとしているというようなケースでない限り、
官報から一般の人が個人再生の事実を知るということは考えにくいでしょう。