個人再生を考えているサラリーマンの方へ

家族がいる場合の債務整理について(男性/40代)

男性/40代これまで借金とは無縁の人生を送ってきて、妻子も大切にしてきました。

しかし、実の弟が事業を始めるということで連帯保証人になったところ、事業はあっけなく失敗して
弟は自己破産をしたのですが、連帯保証人としてこちらに借金の支払い義務が生じてしまいました

保証人の話は妻も理解してくれて、共に働き支払ってきたのですが、
次第に生活が苦しく返済が厳しくなりました。

そもそも借金した本人が自己破産で免除されて、連帯保証人とはいえ
直接関係のない私たちが苦しむのは理不尽だと思い、弁護士に相談することにしました。

自己破産も可能でしたが、そうすると持ち家や車を手放す必要があるので、話し合った結果個人再生することにしました。

メリットとしては借金の額が大幅に減ること、
サラリーマンをそのまま続けることができる
ことがあります。

デメリットは官報に載ってしまう、10年以内はブラックリストに載ってしまうのでローンを組んだり、
新たにクレジットカードが作れなくなりますが、今の状況では支払いが難しくお願いすることにしました。

手続きは結構面倒なものでしたが、手持ちの財産を奪われることなく借金が減額されるのは助かりました。

借金のすべてが無くなったわけではありませんが、
手続きによって返済だけではなく精神的にも楽になったのは良かったです。

借金に困っている場合は一人で抱え込まずに専門家に相談すること、これが大事だと知りました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

個人再生はサラリーマンでもできる?

個人再生はマイホームを手放さずに借金減額できる

借金の金額が現在の収入から考えて大きくなりすぎている人の場合、任意整理のように利息の免除だけをしてもらうだけではなく、借金元本についても減額や免除をしてもらう必要性が高いといえます。

借金元本を減額してもらえる方法としては自己破産と個人再生の2つが考えられますが、自己破産の場合には借金を全額免除してもらえる代わりに、マイホームを含むすべての財産を失うというデメリットがあります。

この点、個人再生を選択すればマイホームを手放すことなく、
住宅ローン以外の借金を減額してもらえる可能性が高いです。

もちろん、自己破産よりも減額してもらえる借金の金額は少なくなりますが、それでも大きなメリットがあるといえます。

個人再生はマイホームを持つサラリーマン層がもっとも利用しやすいものとなっているのです。

個人再生で減額してもらえる借金の金額

個人再生を行うと、手続き時に残っている借金の金額に応じて借金の減額を行ってもらうことができます。

サラリーマンの方の場合、住宅ローンを除くと借金の残高は100万円~500万円の間であることがほとんどだと思いますが、
この借金残高の場合は個人再生を行うと100万円だけが借金として残るということになります。

つまり、借金が500万円あるという方の場合は、400万円は減額してもらえるということです。

個人再生手続きが完了した後はこの減額後の金額100万円を、3年間かけて返済していくことになります。
毎月の金額に直すと3万円弱ということになりますね。

サラリーマンの方の場合、毎月定期的な収入がある方がほとんどでしょうから、
住宅ローンの返済が残るとしても完済できる可能性は高まりますよね。

住宅ローンは返す必要がある

個人再生は住宅を手放さなくても借金の減額を行うことができるので、
マイホームを持つサラリーマンの方にとって非常にマッチした方法といえます。

とはいえ、住宅ローンについてはこれまで通り
返済を行なっていく必要がある
ということに注意しておきましょう。

個人再生による借金減額後には、これまでの住宅ローンと減額後の借金についての
毎月の返済額(36回払い)を負担していくということになります。

個人再生は一度成立した後にさらに返済に滞りが出てしまうと、
個人再生手続きそのものが取り消されてしまうという可能性もあるので注意が必要です。

通常は2回以上毎月の返済が滞った場合には取り消しの措置がとられることになります。

住宅ローンについても返済が滞ってしまうと、
住宅の差し押さえなどの措置を受ける可能性が高くなるので、注意が必要です。