70万円は任意整理に踏み切るボーダーライン

任意整理をして借金の総額が大幅に減りました(女性/30代)

女性/30代結婚して1年ほど経った頃、夫の結婚前からの隠し借金が70万円もあることが分かりました。

きっかけはカード会社からの督促状でしたが、中身を見た時は目の前が真っ暗になりました。

夫が言うには結婚してから支払えなくなりずっと放置していたそうで、借金の元金70万円に対して
遅延損害金と利息が30万円以上も上乗せされており、合計で100万円以上の請求に膨れ上がっていました。

私はそれまで借金については無縁だったため、解決方法は自己破産という言葉くらいしか知らず、
慌てて弁護士を予約して夫婦で相談へ向かいました。

相談の席で初めて任意整理という整理方法を紹介して頂き、
借金の額も少額であることから自己破産ではなく任意整理をお願いすることにしました。

後日、弁護士事務所と契約書を交わし、着手金として2万円を振り込みました。

それから1か月ほどして連絡があり、債権者と無事に和解したという報告を受けました。

借金の元金70万円を1年間かけて返済するというこちらからの条件に対し、
遅延損害金と利息の30万円を全額カットして頂けることになり、正直思ってもいなかった良い結果に驚きました。

弁護士には報奨金として追加で2万円お支払いしました。

弁護士費用を差し引いても大幅に借金総額を減らすことができ、本当に相談して良かったです。

また、カード会社と和解できたという安心感も生活に与える影響が大きく、
その後1年間かけて借金は無事に返済できました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

任意整理は早めに決断を

借り過ぎているか判断するには?

クレジットカードやキャッシングなど、使い過ぎていると感じた時には早めの決断と解決が大切です。

金額が膨らんでしまうと返済自体が苦しくなるだけでなく、いざという時の対処もできないことがあります。
まず、個人再生や自己破産は避けたいものです。

過払い金や任意整理で早めに解決を図りましょう。

それには100万を超える借金になるとなかなか難しい部分が多くなります。
特に任意整理の場合は70万がポイントになります。

これを超えてしまわないような使い方をすることも一つの目安になります。

任意整理は債権者と交渉することで利息などの部分を免除してもらうなどし、返済を全体的に抑えていく方法です。
交渉が成立したら残金を3年~5年かけて完済します。安定収入があることも条件になります。

70万を超えてしまったら?

借金の総額が70万を超えてしまったら早めに弁護士に相談しましょう。任意整理は裁判所を通す必要はありません。

自分で行う人もいますが、実際に債権者との交渉となるとなかなか素人では難しいものです。
返済が滞り、相手に裁判所を通して一括返済を求められたらもっと大変です。

理想的なのは滞納する前に弁護士に相談することです。

任意整理は債権者もなかなか交渉に応じてくれない場合もありますが、
弁護士次第では借金の大幅減額も期待できるものです。

自分の借入状況をしっかり把握しておき、70万に達してしまったらその後の返済は本当に可能かを判断します。

難しいと感じたらすぐに弁護士に相談し、収入状況や家計全体の出費などから判断をしてもらいます。
その上で可能な場合には依頼に応じてくれます。

弁護士に依頼する時の費用は?

弁護士への相談は無料で受けてくれる所も増えています。有料の場合でも30分5000円というのが一般的な相場です。

任意整理が可能かどうかの相談であれば1回の相談でも十分なようです。
70万より低い金額であっても気になったら相談してみることをおすすめします。

弁護士への依頼には契約書を取り交わします。

その際に着手金を支払いますが、着手金はおよそ10万~20万ほどで設定している所が多いようです。
これは事務所によって異なるため、相談時に確認しておくと確実です。着手金は一括払いが原則になります。

経済的に捻出が厳しい時には相談すると分割払いに応じてくれる所もあります。

それ以外にも弁護士の斡旋と費用の立て替えをしてくれる機関があるので、上手に利用するのも良い方法です。