任意整理でスピーディーに借金を解決する

悩ましい督促の電話がピタッと止まりました(女性/30代)

女性/30代独身時代は割と稼いでいる方で、カードもいくつか作ってショッピングなどを楽しんでいました。

その後、結婚して共働きで暮らしていたのですが子供の出産を機に専業主婦になりました。

生活は充実していたのですがショッピングが悪癖のように続いており
段々と家計状況が苦しくなりました。

このままではまずいと思い、夫に内緒で短時間のアルバイトを始め、返済に充てていました。

しかし、どうしても新作の洋服などの知らせが届くとカードで買ってしまい、
各カード会社からの請求合計が月10万円を超えてきて返済できなくなりました

当然夫に内緒で借金したので相談できず、かといって弁護士に相談する勇気もありませんでした。

このままでは離婚になり、家庭崩壊になってしまうと心配していました。
そんなある日知ったのが名前も住所もお知らせしないで、借金の相談ができるサイトです。

シミュレーターで現在の状況からどんな手が打てるのかということをすぐにアドバイスしてくれるのです。

それによると私の場合は任意整理がお勧めとのことで、
まだ助かるチャンスがあると知れたので本格的に相談することにしました。

弁護士さんは私の不甲斐なさを責められるわけでもなく、的確に相談に乗ってくださいました。

一番良かったのは任意整理に着手して頂いて、数日で督促の電話がピタッと止まったことです。

心理的にも冷静を取り戻した私は無駄な買い物を辞める決意をして、無事借金を返済することができました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

任意整理を選ぶメリットと注意点

裁判所を通さずに双方の話し合いで解決できる

任意整理は地方裁判所で手続きをして、借金問題を解決する方法ではありません。

弁護士や司法書士に代理での交渉を依頼したうえで、相手先の金融機関と私的に話し合いをして
借金返済を軽減する方法で、双方の歩み寄りにより解決の筋道を立てる方法です。

具体的には、利息を払い過ぎている場合には過払い金返還の請求をして、借入残高と相殺して返済すべき金額を少なくしてもらうこと、借入金の残りのうちの利息部分を帳消しにしてもらう代わりに返済の期間を延長したり、分割の回数を増やしたりして元金部分は全額返済することなどの条件を提示し、和解案が結ばれる傾向があります。

借入金の利用者に負担がかからないように、月々日常生活が送れる範囲内での返済額で残金が完済できるようになり、
3年位の期間で支払いを済ませられるように計画が立てられるケースが多いです。

官報への記載もなく周囲に分かる心配は無用

任意整理の手続きは公の場に出ることはなく、あくまでも契約をした弁護士や
司法書士や相手の金融機関、信用情報機関にしか分かりません。

主婦の方はご主人やご家族に心配を掛けたくないと考える傾向にあり、
内緒で借入をしているため、周囲の方に知られては困る方も多いでしょう。

弁護士や司法書士は、依頼者の秘密を守る義務があるため情報が漏れる心配がありませんし、他の債務整理と違い官報等の文書で公表されることもありませんので、家族や友人、親戚、知人、職場の関係者にも知られずに相談や手続きが行えます。

早めに法律事務所に相談すれば、滞納等の返済トラブルがある場合でも受任通知を借入先に郵送してもらえるため、自宅に返済の催促の電話連絡や文書での通知を避けられることもできますので、家族に分かってしまうリスクが少なくなります。

新たな借入やカード作成の注意点

任意整理をした後は、一定期間信用情報機関に債務整理をした情報が載せられます。

法律事務所から受任通知が来た時点で、通告することが多いです。

記載がある間は既存のクレジットカードが使えなくなりますし、
新たに借入金を組んだり、クレジットカードを作ったりするのは、ほぼ不可能とされています。

どのくらいの期間載せられるかと言うと、任意整理の場合はおよそ7年となり、
それが過ぎると借入やクレジットカードの履歴が総て消去されます

新しく借入の契約をしたり、カードを申し込みたい場合は情報が消されているか、
信用情報機関に情報開示請求をして確認するのをおすすめします。

7年経っても残っている場合は金融機関に期間が過ぎていることを申し入れして、消去を依頼することも可能です。

どうしてもクレジットカードが必要な場合は、期間内であっても
家族カードを作成することは認められていますので、家族に頼むといいでしょう。