任意整理の費用はいくらかかるの?

多重債務で底なし沼からの脱出(女性/40代)

女性/40代結婚した時に主人に借金があったことは知ってましたが、
それ程多い金額ではなかったので特に気に留めることはありませんでした。

しかし、生活にはあまり余裕がなく、返済も最低額を支払うのに精一杯でした。

そんな中、生活はどんどん苦しくなって他社から借金をするということを繰り返し、
気が付いたら多重債務者になっていました。

よく自転車操業という言葉を耳にしますが、まさか自分がそういう状況に陥るとは思っていませんでした。

限度額オーバーでこれ以上の借入もできず話し合った結果、債務整理するしかないという結論になりました。
手続きについて必死で調べてみると、債務整理にはいくつかの種類があることが分かりました。

我が家の場合は任意整理を選びました

早速法律相談所に行って、手続き方法や費用についてなど詳しく相談に乗ってもらいました。

任意整理の場合は借金が免除になるわけではありませんが、
利息分がカットされるのと今まで余計に支払った過払い金が戻ることがあります。

我が家の場合は過払い金が多かったため、戻った分から残った借金分と手続きに必要な費用を支払うことができました。

払っても払っても無くならない借金、まるで底なし沼みたいでしたけれど無事脱出することができて幸せです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

任意整理の費用は事務所により多少異なる

任意整理の着手金とは?何件頼んでも費用は同じなの?

任意整理を依頼するにあたり、依頼人は弁護士へ着手金を支払う必要があります。

費用は事務所により異なりますが、相場は債権者一件につき3~4万円程。
例えば、A社とB社とC社に債務がある方の場合、着手金が3万円だとすると着手金費用の合計は9万円になります。

債務先が多い人ほどかかる着手金も増えますので注意が必要です。

基本的には着手金は任意整理依頼時に一括で支払いますが、
一括支払いが難しい場合、分割での支払いが可能なケースもあります。

一括での支払いが不安な方は、弁護士に相談を予約する際に予め着手金の分割払いが可能か聞いてみても良いでしょう。

また、最近では任意整理を申し込んだ後でも一定の期間内であれば契約を解除し、
着手金を全額返金しますと謳っている弁護士事務所も出てきています。

弁護士に任意整理を依頼する前に比較検討して、ご自身に合った事務所を見つけることが大切です。

任意整理の成功報酬とは?

任意整理が成功した場合、弁護士事務所へ成功報酬を支払う必要があります。

ここでいう成功とは任意整理の結果、過払い金が回収できたケースや残債務が減額できたケースのことを指します。

費用は弁護士事務所により異なりますが、回収できた過払い金の20%程度、
減額できた残債務の10%程度が目安になります。

例えば任意整理の結果、残債務が50万円減ったとすると減額報奨金は5万円程になります。

5万円は大きな額と思われるかもしれませんが、本来支払うべき債務が50万円も減ったのですから、大きな成果と言えるでしょう。
この成功報酬金についても着手金と同様に、分割払いが可能な場合があります。

支払いが心配な方は弁護士事務所を選ぶ際に問い合わせをし、予め確認しておくと安心です。

任意整理の依頼は早めにしましょう

消費者金融にお金を借りると、利息だけで最大年利18%もかかってしまいます。

借りた金額が大きければ大きい程、利息により借金の総額が膨れ上がるスピードも早くなります。
借りた金額が大きくなりすぎると任意整理では返済が追いつかず、個人再生や自己破産になる可能性も出てきます。

個人再生や自己破産にまでなると精神的な負担や社会的なデメリットがとても大きくなりますので、
そうなる前の早い段階で任意整理を検討することが大切です。

任意整理にかかる費用も、利息により膨らみ続ける借金に比べればわずかなものです。

また、任意整理をすることでその後の支払い期間は原則として利息がつきませんので、
精神的にも落ち着いて完済していくことができるのではないでしょうか。

弁護士への相談は無料の場合も多いので、まずは相談に出かけてみましょう。