任意整理を自分でやる?弁護士に依頼する?

弁護士に相談して、無理の無い返済ができました(女性/30代)

女性/30代私はパチンコが大好きで平日でも時間があれば仕事終わりに行ったり、
休日も朝から行くほどでした。

初めは手持ちのお金だけで楽しんでいたのですが、どんどんのめり込んでいき、
手持ちのお金が無くなればキャッシングを利用しました。

返済できている間は良かったのですが、キャッシングで借り入れすることに
抵抗が無くなってくると利用する回数も増え、返済が間に合わなくなってきたのです。

金融会社から督促が来るようになり、このままでは家族や勤めている会社に迷惑をかけてしまうと思いました。

最初は自分の力だけで借金問題を解決しようとしたのですが、実際に調べてみると
そんなに甘いものでは無いことが分かり法律の専門家に相談することにしました。

インターネットで探した法律事務所に無料相談を申し込んだのですが、
弁護士さんはとても親身になって話を聞いてくれました。

そして、いくつかの解決方法を提案してくれましたが、私の場合は任意整理が最適ということで手続きをお願いしました。
弁護士さんはすぐに受任通知を送ってくれ督促と取立を止めてくれたので、安心して生活できるようになりました。

任意整理の手続きはすべて弁護士さんが代理でしてくれたので、私の負担はほとんどありませんでした。

月々の返済額も減額されて生活に支障が無くなりましたし、
家族や会社に迷惑を掛けずに借金問題が解決できて本当に良かったです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

任意整理で上手に交渉するための手続き方法

任意整理や過払い金について

任意整理は、借金を少なくするための手続き交渉のことです。

裁判所を通さずに行うので自己破産をすることなく、借金を解決する手段として近年では主流となりつつあります。
過払い金と呼ばれる貸金業者へ払い過ぎていた利息を返金してもらい、金利負担を軽減するための手続きです。

この任意整理を自分でやる人も存在します。

弁護士などの専門家へ依頼するばかりでなく必要な手順を学べばコストを掛けずに自分で行うことのできる債務整理です。

自分で任意整理を行う場合に適したケースは例えば現状では生活破綻の恐れが少なく、
月々の支払額の内3割程度の減額を希望する人が該当します。

借金による生活への危機感が迫っていない人に向いた手法で、
それ以上の金銭的危機があるのなら専門家への相談を考えることが無難です。

自分の借金の状態を知ることが任意整理のスタート

自分でやる任意整理はまず、借金の支払いと利息の状況をちゃんと知ることから始めます。

取引履歴を入手し債権総額を把握することが任意整理のスタートです。

貸金業者へ取引履歴の請求を行いますが、窓口へ足を運ばなくても電話で構わないので
本人が連絡をし、開示請求書を郵送してもらいます。

開示請求書が届いたら必要事項に記入後返送すれば取引履歴が郵送されて来ます。

取引履歴を入手したら利息の引きなおしの作業へ入ります。
改正貸金業法で定められている利息の上限を上回っていることが確認できたら債務総額を算出します。

計算自体は難しくありませんがケースによりややこしくなる場合もあるので、
パソコンや無料の専用ソフトなどを利用することが便利です。

また、過払い金請求には10年の時効があり、貸金業者より過払い金の発生を通知されることは一般的にありません。
払い終えた借金がある場合には速やかに手続きする必要があります。

過払い金返還請求の手段とは

自分の過払い金を確認できたら、貸金業者へ文書を送り返還請求を行います。

この文書を郵送する場合に必要なのは内容証明郵便の配達証明を使用することです。

配達証明を付けることで郵便局がコピーを残す仕組みを利用して、
貸金業者が過払い返金請求書を無視できない状態にすることが大切になります。

内容証明郵便は法律の専門家の手によって書かれることが一般的と思われがちですが、
書き手の資格に一切の制限はありません。

任意整理を自分でやるには必要な文書ですので、
形式などを間違えずに作成するため内容証明用紙を購入することなどが勧められます。

内容証明郵便は3枚作成して、一枚は自分用に証拠として大切に保管しておき、
後の2枚はそれぞれ貸金業者と郵便局へ渡します。

貸金業者へ送付されると郵便配達証明が届くので内容証明と一緒に保管して下さい。

あとは早期解決を念頭に貸金業者との過払い金の支払金額に関する交渉を行い(あるいは、満額返還に応じてもらえることもあります)、返還金の振り込みを確認し、和解を証明する書類へ記名捺印すれば終了です。