夫に内緒で任意整理した沖縄在住の主婦です

任意整理なら夫に借金がバレないです(女性/20代)

女性/20代私は沖縄県に住んでいる主婦です。

最近、冠婚葬祭が立て続けにあって出費が続いたこともあり、
生活費が足りなくなって消費者金融でお金を借りてしまいました。

これくらい返せるだろうと軽く考えていたのですが、甘かったです。

消費者金融は金利が高いため、パートの収入で返せる範囲を超えていました
さらに、夫が借金嫌いだったため、隠れて借金をしていたのもまずかったです。

借金の返済が遅れると取り立ての電話や手紙が家に来ると聞いていたため、返済期日までに必死でお金を調達しました。

家に電話や手紙が来ると、夫に借金がバレてしまいます
親戚や友人にお金を借りましたが、それでも足りない時は別の消費者金融に借金をして返済に充てました。

このため、借金がどんどん増えていきました。

困り果てて友人に相談したら、弁護士に債務整理を依頼すると良いかもしれないと言われました。
早速、近場の弁護士事務所に行ったところ、任意整理という債務整理の方法を提案されました。

任意整理ならば自宅に郵便物が届かないため、夫にバレずに借金問題を解決できるのだそうです。

裁判所を通さないで消費者金融と直接交渉するので、郵便物が届かないようにできるとも説明されました。

まさに私にぴったりの方法だったので、すぐに任意整理をお願いしました。
そして、弁護士さんが消費者金融と交渉してくれたおかげで借金はかなり減りました。

今はパートの収入で借金を返済し続けています。このままだともうすぐ借金を完済できそうです。

夫には今のところ借金は一切バレていません。本当に弁護士さんのおかげです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

任意整理って何?賢く使って借金を減らそう

自己破産と個人再生と任意整理

任意整理や自己破産、個人再生とかよく耳にしますが、違いがわからないという方も多いので簡単に説明します。

この3つの制度は端的にいうと借金での困窮の程度によって使い分けます。
困窮度が一番高いのが自己破産、次は個人再生、その次が任意整理です。

ですから、任意整理の借金の圧縮幅は一番小さいのですが、
裁判所が関与しないので用意する書類などが少なくて済み、比較的簡単に手続きが完了します。

自己破産のように官報に載らないので、第三者に知られることがないのも嬉しい制度です。

高金利の貸金業者が多い沖縄では任意整理をするだけで、借金が大幅に圧縮される可能性が高い方が多いかもしれません。

専門家が債権者の間に入って交渉をしてくれるので、心理的負担が少なく
気軽に利用できるという点も早く苦しみから解放されたいという方には有り難いですよね。

任意整理をもう少し詳しく!メリットデメリット

任意整理は弁護士や司法書士などの専門家が債権者(貸金業者)の間に入って交渉します。

高金利業者からの借金がある場合には利息制限法を超える利息分について、既に過払いとなっている分については
元本に充当し借金を圧縮する他、将来発生する利息についても法定制限であるため返済が楽になります。

また、親族などからお金を借りて一括返済するから借金そのものを減額してくれ、などの交渉もしてくれます。

しかし、デメリットもあります。金融機関の個人信用情報に記録が残ってしまいます。

金融機関によって記録を保管する年数が異なるのですが、
手続きから数年にわたり新たな借金をすることが困難になります。

借金以外の通常の生活範囲内で支障が出ることはないと考えられますが、
心配な場合には事前に専門家から詳しく聞いてみるといいかもしれません。

沖縄では、専門家による無料相談会がよく行われていますので、まずは相談してみると良いでしょう。

まずは相談!どう動いたらいいの?

任意整理をしたいけど、どう動いたらいいのかわからないし、そもそも任意整理がいいのか
自己破産が適しているのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

沖縄の司法書士会や弁護士会では無料の法律相談を行うことがありますし、
地方自治体でも無料相談が行われています

お住まいの市町村役場に聞いてみると早いかもしれません。

自分が任意整理を利用したほうがいいのか、費用はかかるのかかかるとしたらいくらなのか、
より詳しいメリットデメリットの説明を受けることが可能です。

司法書士の権限は訴訟や紛争の価額が140万円までの案件の代理権に限ると法律により制限されているから、たくさんの会社から借金している自分は弁護士に頼むしかないと思っている方もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

この金額制限は一社ごとの計算ですので、司法書士に頼める場合もあります。

弁護士に頼むべきか司法書士に頼むべきかも、その費用の違いについても相談してみるといいですよ。