旅行三昧で残った借金を任意整理で完済

旅行好きが災いし、気づくと借金まみれになっていました(男性/40代)

男性/40代30代までは真面目に会社員をしていた私ですが、ノルマがなかなか達成できず
ノイローゼ気味になったことで、安定生活に別れを告げました。

実家暮らしだったこともあり、自然にフリーターという道を選択していました。

独り暮らしのように家賃の心配はなく、40代のいまだに両親のスネをかじるような生活でしたが、
なぜか文句を言われるようなことはありませんでした。

バイトはフルタイムで入れば、ある程度自由になるお金もでき、
学生時代からの趣味だった旅行をこれまでどおり楽しみました。

仕事がきつくても、旅に出ることを考えるだけで自分を奮い立たせることができたのです。
2カ月働くと1週間休みをとって旅行に出かけるといった生活でした。

もちろん贅沢旅行というわけではありませんでしたが、現地での食事や飲み代は結構な出費になります。

私は旅先で時々カードローンにも手を出すようになっていました。

あまりに手軽にまとまった金を引きだせたので、借金をしている感覚はほとんどなく、
気づいたときには返済額は毎月の収入をはるかに超えていたのです。

真面目にバイトをしていても完済の見込みがない気づいた私は、
以前バイト先の仲間が任意整理について話していたことを思い出しました。

私の場合も弁護士に債務整理をお願いするのが最善かとおもい、
無料相談に出向いたことで、無謀な旅三昧の日々は幕を閉じました。

これからは真面目に働きながら借金を完済し、何年かに一度旅行を楽しめたらいいなと思います。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

借金を完済するよい方法はありますか?

最近、テレビやラジオで宣伝している過払い金のことは知っていましたが、具体的な借金の整理までは
深く考えたことがなかったので、インターネットを利用して借金の返済方法について情報を集めてみました。

意外にも多くの関連サイトがあり、素人の私でもある程度の理解はできるようになっていました。

実際に手続きとなると、一人きりで解決できるような簡単なものではありません。

債務整理というと自己破産を思い浮かべますが、実際にはいくつか方法があり、
そこまで深刻で暗いイメージのものではありませんでした。

私が今回依頼することになった任意整理は、面倒な手続きは弁護士が担当してくれますので、
一度壊れた収支バランスを正当な方法で取り戻すことができますよ。

フリーターでも任意整理は可能ですか?

自己破産のように、借金をいったん清算するという整理の方法以外は、数年かけて借金を返済する計画を立てていきます。

フリーターでも無職の場合は、何か一定の収入を得る手段をみつけることが先決です。

私の場合は、アルバイトでもフルタイム同然にシフトに入っていたので
毎月一定の給料があり、問題なく任意整理を進めることができました。

働く目的が旅行だったので、仕事をしないという選択肢はなかったことはよかったことです。

旅という生き甲斐は、結果として完済にむけた目標になりました。
主婦の場合もパートなどでコンスタントに入ってくる収入がポイントになります。

計画的な返済ができる収入がない場合は、仕事を変えることやダブルワークなどを検討し、
長く働ける職場を探しておくといいでしょう。

2~3年をかけて返済していきますので、途中で仕事を変わるなどして、一時的に収入が途絶えないようにしたいものです。

債務整理にかかる時間はどのくらいですか?

債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産などの手段があるのですが、
それぞれの手続きに応じかかる時間も変わってきます。

裁判所を通す手続きの場合はそれなりの期間がかかりますし、個々のケースによりけりですが、
目安としては任意整理、特定調停で3~6カ月、個人再生、自己破産の場合はおおむね6カ月~1年です。

いずれも専門職である弁護士に依頼した場合の期間になりますので、
自分で手続きをしようとすれば膨大な時間を費やします。

それこそ仕事どころではなくなる可能性がありますので、債務整理をお考えでしたら、
私のようになるべく早めにプロにお任せするのがベストですよ。