大阪で評判の法律事務所で任意整理したいなら

大事な孫が借金に苦しんでいるのを見てられなくて…自分が借金を背負いました(女性/70代)

女性/70代若くして大阪で飲食店を経営している孫がおります。

私は行ったことがありませんが、過去には評判の店として雑誌に載ったことがあるようです。

しかし、繁盛していたのもつかの間で、現在は
お客さんの好みの変化についていけず、経営が厳しいと聞きました。

賃料の支払いや、人件費が賄えず、借金が増えていくばかりのようです。

久しぶりに顔を見た際、別人のようにやつれていて心配になってしまいました。
その子は私にとって初孫で、小さいときから私たち家族を困らせたことのないしっかりした子でした。

なんとかして孫を救ってやりたいと考えて考えた私は、
消費者金融を利用して用意したお金を孫に渡してやりました

最初は拒否していた孫ですが、成功したら必ず返すという約束で最後には受け取ってくれました。

返済までに店が持ち直してくれれば一番ですが、もとより大切な孫にあげたお金だと思っていますので、
どうしても返して欲しいというわけではありませんでした。

この時点では自分で返済していくつもりだったのです。

そんな矢先、私の臓器に障害が見つかり、そのための高額な医療費がかかることになっていました
貯金から医療費を差し引くと、一気に借金の返済は難しくなります。

子供たちには孫にお金を渡していることは秘密にしていますので、頼ることはできません。

事情が事情ですので、なんとか弁護士に依頼して任意整理で借金の負担を軽くできないかと考えています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

大阪で借金の相談を受け付けてくれるのはどこ?

普通に暮らしていたら弁護士事務所や、法律事務所を利用することはありませんよね。

私も普段から利用する店の場所は覚えていますが、近隣にそういった事務所があるのかどうかなんてわかりませんでした。
ですから、借金をしたときもどこで相談を受け付けてくれるのか、さっぱり見当がつかなかったのです。

私が行った方法で一番役立ったのがインターネットです。

私のようなお年寄りなら難しく感じるかもしれません。しかし、一度利用してみてその便利さに驚きました。
例えば、私のように大阪住まいなら「大阪 弁護士」と検索するだけで近くの弁護士事務所を探し当ててくれます。

実際足を運んで対面でご相談することがほとんどですが、
時にはメールで簡単なお話を事前にさせていただくこともありました。

いい弁護士さんを探す上で、たくさんの弁護士さんに連絡をするのは当然といえます。

こうやってメールで相談できるのも、とてもいいなと思いました。

また、ほとんどの事務所が初回の無料相談を行っていますので、
正式に手続きを依頼していない現在まだどの弁護士事務所にもお金を払っていません。

任意整理は家族にバレずに進められる?

私はこのまま借金の事実を子供達に打ち明ける気はありません。孫の立場が悪くなってしまうと思うからです。

ですから、これからの借金処理も、私の子供たちに知られることなく事を進める必要があります。
そのことを弁護士さんにお伝えした上でご提案いただいたのが「任意整理」です。

任意整理は弁護士さんと金融業者が話し合いの上、
私にとって無理のない借金返済計画づくりや借金の減額を行うことになります。

他の手続きですと裁判所との手続きになり、必要書類や届く書類が変わってくるため、
家族に知られず進めていくのは任意整理に比べて難しくなってしまうようです。

また、弁護士さんは家族への情報漏れを防ぐため、電話連絡の時間や電話での名乗りに配慮していただけるそうです。

ですから、ひとまず手続きはバレることなく進めていけそうです。
とはいえ情報はどこから漏れるかわかりませんので、私も細心の注意を払うつもりです。

任意整理をしたあと返済ができなければどうなる?

私は体を壊してしまい、ひとまずの解決策として任意整理を進めています。

任意整理が上手くいったとしても、体の状態によっては順調に返済していける保証はありません。
そうなると、仮に任意整理後に返済が滞った場合についても考えておく必要があります。

私が調べた限りでは、任意整理で返済が大きく滞った場合、
通常は個人再生や自己破産といった手続きを取る
ようです。

最初の任意整理の後返済に困窮し再度任意整理を申し立てても、賃金業者としては既に
ギリギリまで妥協した返済計画で合意しているため、受け入れられることは少ないようです。