30代の若い代表取締役が任意整理をした体験談

絶対の自信を持っていたFXで失敗。人生が狂いました(男性/30代)

男性/30代学生の頃からFXをやっていました。

とはいえ、その当時から将来は起業するつもりでいたので、株の方は完全に趣味という感じです。

それでも、分析力と勘には他の人よりも長けていたようで、
趣味の範囲を超えて儲かることが多かったように思います。

学生としてはあり得ないほど稼いでいました。

バレるとろくなことがなさそうなので、友達に利益のことを隠していたくらい、儲かっていましたね。
卒業後は例のFXでの儲けを使い、晴れて起業しました。

本当はまっとうにお金を借りて起業するつもりだったのですが、
如何せん手元に資本があったので、ただ使ったというだけです。

立ち上げた会社の経営は目論んでいた通り、割と上手くいきました。

社員も増やして、順調に業績を上げているところです。
人生、このままお金に困らずにいけるものだと思っていたのですが……。

ある日、FXでとんでもないチャンスに恵まれました。

読みからいうと、ここで大金をつぎ込めば、どうなってしまうんだろうってくらい儲かるんです。
あれほど大きなチャンスは見たことがありません。

だから、確信をもってありったけのお金をつぎ込んだのですが、その読みがまさかの大外れ……。

すべてが上手くいっていたのに、思わぬ形で借金地獄が始まりました
今は弁護士の先生と一緒に任意整理の手続きをしながら、無理なく返済しています。

まさか代表取締役にもなって債務整理するなんて……ちょっと信じられないですよね。

まあ、今までが上手く行きすぎだったのかな。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

代表取締役でも債務整理できるの?

仮にも会社の代表である代表取締役が債務整理なんてしたら、
なにか業務に差し支えるのではないかと不安になりますよね。

そう思って、真っ先に弁護士の先生に「代表取締役でも債務整理して問題ありませんか?」と質問してみました。

すると、任意整理なら会社での役職について法律上の制限がないとお答えいただいたので、この方法に決めました。ただし、気をつけなければならないこともあります。

それはこれから銀行から融資を受ける時に、影響があるかもしれないということです。
債務整理をすると、信用情報機関というところに情報が記録されてしまいます。

人にお金を貸す銀行や消費者金融はこの情報を見ていますから、
債務整理していることによって、お金を借りられなくなるかもしれません。

このように、債務整理をするなら手続きする前に弁護士とよく話し合って、疑問点をきちんと解決しておきましょう。

任意整理しても会社の社員にバレないの?

社長が借金をしている、しかもFXでの失敗が原因で――
そんなことが従業員にバレたら、代表取締役の面目は丸つぶれです。

だから、債務整理をするなら、絶対に社員に知られないように手続きをしなければなりません。
でも、任意整理なら心配はいらないということでした。

弁護士の先生によると、任意整理をしたと従業員にバレる確率はかなり低いそうです。

基本的に、債務整理をしたことが身の回りの人にバレることはありません。

ただし、手続きの方法によっては、外部にもれる可能性が高まることはあり得ます。

たとえば自己破産をすると、国が発行している『官報』という冊子に
債務整理した人の氏名と住所が掲載されてしまうというデメリットがあります。

人に見つかるリスクを考えると、あまり好ましくない条件ですよね。任意整理なら、『官報』には載らないので安心です。

弁護士の報酬は高いの?

借金で困っているのに、弁護士への報酬をきちんと支払えるのかと心配になったことはありませんか。

実は、債務整理の手続きをしたときの弁護士への報酬は分割払いができるのです。
「一度にそんな大金は払えない!」と感じている方でも、分割払いなら無理なく支払いができます。

働きながら、少しずつ返済していけばいいのです。

しかも、借金の請求の電話や郵便はストップしていますから、ストレスもかなり軽減されるでしょう。
こんなに気持ちが楽になるのなら、もはや債務整理をしない手はありませんよね。