パートの主婦が任意整理で借金を解決しました

パートを続けながら任意整理を行いました(女性/40代)

女性/50代結婚してすぐに妊娠をして、それまでの仕事を辞めて
しばらくは専業主婦として子育てに専念していました。

しかし、子供が成長して手がかからなくなると暇を持て余すようになりました。

そしてパートを始めるようになって、主婦仲間とランチやショッピングを楽しむようになり、
久しぶりに楽しい時間を過ごせるようになったのです。

問題はそういった遊びにはお金がかかることで、おまけに子供が私立中学に進みたいと言いだし、
主人も納得したので進学費用を貯める必要が出てきました。

でも同僚との遊びも楽しく、気付いたら給料だけでは足りなくなってキャッシングをするようになって、
すぐに利息が膨らんで返済に困るようになりました。

主人には言えず困っていたところ、テレビで借金問題の相談を受けられると聞いて行ってみました。

担当してくれた弁護士さんと話したところ、債務整理の中で任意整理を勧められて、内容を聞いてみると主人や周囲の人に知られることなく、負担になっている利息をカットして借金の総額を減らすことができると分かりました。

納得したのでそれでお願いして、これまでよりは少し楽に毎月の返済をすることができるようになったのです。

もしも弁護士の先生に相談しなければ、高い利息そのままに毎月の支払いをしなければいけなく、かなり大変だったはずです。借金は場合によってはしてしまうものですが、困った時には専門家に相談すること、これが大事です。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

おまとめローンよりも任意整理のほうが借金解決に繋がります

パートをしている主婦が多額の借金をしてしまった時の対応策

パートにする収入で家計を支えている主婦の人にとっては、それだけでやりくりしていくことは苦しいために、
消費者金融のキャッシングを利用することが十分に考えられます。

近年のキャッシングでは、定期的な収入を得ていれば
審査を通過できることが多くなっていますので、パートの人も借り入れが可能です。

いくつかの消費者金融から借り入れをしている時には、収入の範囲内で
返済していくことが難しくなりますので、対策について真剣に考えなければなりません。

複数の消費者金融から融資を受けている時には、おまとめローンを活用して一本化する人もいますが、
本来であれば法律家に相談して任意整理について考えることがおすすめと言えます。

任意整理は債務整理の一種で、弁護士に法律相談をすることで手続きを進めることができます。

おまとめローンよりも任意整理を選択しましょう

おまとめローンを利用して、債務の一本化をすれば低金利での融資を受けることになりますので、
それまでと比較すると返済金額を縮小させることができます。

ただし、根本的な借金返済計画を見直すことには繋がりませんので、
債務整理の依頼ができる弁護士に相談することが大切です。

パートをしている主婦であれば毎月の安定収入が見込めますので、
任意整理の手続きを提案してもらえることが期待できます。

任意整理は弁護士に借り入れ先の金融業者と交渉をしてもらうことで、借金額の減額などを要求する手続きで、
和解案を成立させることによって、3~5年ほどの期間で返済できる金額まで債務を減らしてもらうことが可能です。

毎月決められた一定額を支払っていく必要がありますが、
それまでの借金生活と比べると負担を軽減できる方法と言えます。

依頼をする前に無料相談を受けることがおすすめです

任意整理の依頼先の法律事務所を決める時には、近くの事務所にいきなり相談しにいくのではなく、
無料相談を実施しているところに行ってみることがおすすめです。

無料相談を行っている法律事務所は増えていますし、費用のことを心配しなくても良いだけではなく、
弁護士がどのような対応をしてくれるのか確認する方法としても役立ちます。

実際に無料相談を受けてみて、印象の良い弁護士だと感じる時には正式な依頼先として決めると良いでしょう。

任意整理の依頼を行うには、金融業者1社につき4万円ほどの着手金と成功報酬を支払う必要がありますので、
どの程度の費用がかかるのかしっかりと確認しておくことが大切です。

パート主婦の場合には、家族に借金のことを知られたくないと考えている人も多いために、
家族にバレないように対応してもらうことも相談しておくようにしましょう。