大人気!債務整理で弁護士が選ばれる理由

会社が傾き、給料が大幅減額……ついに借金地獄へ(男性/30代)

男性/30代私は大手企業で働く会社員です。

実家は事業を営んでいることもあり、お金で不自由をした経験はありません。
欲しいものは何でも手に入る家庭で育ちました。

私の通う会社は、一般的に一流として名高い企業でした。

普通なら滅多に就職できない難関で仲間からは一目置かれ、私は鼻高々でした。
実家は金があることだし、貯金する必要性もなかったので、3年目までは遊ぼうと決めていました。

そんな社会人2年目の夏、本社の粉飾決算が明るみとなり、新聞にも大きく取り上げられました。

会社は大規模な人件費の見直しを迫られました。
私は子会社に出向が決定し、ボーナスもしばらく貰えそうにない生活を強いられました。

遊ぶどころか生活費が足りず、軽い気持ちでカードローンに手を出してしまいました

困ったら実家に助けてもらえばいい。私の甘い考えはすぐに打ち破られることに……。
実家の事業はここ数年、赤字続きだと、先日妹がこっそり教えてくれたのです。

もう、自分のことは自分で解決しなければいけませんでした。

カードローンで借金地獄になってしまった私はこのままではダメだと思い、
ラジオのCMに出ていた弁護士事務所に相談してみることにしました。

その方は、これまでも多くの債務問題を解決してきたスペシャリストです。

私はそれまで知らなかったのですが、債務整理はやはり弁護士に頼むのが一番だそうです。
その方に限らず、債務整理の相談に追われている弁護士さんはたくさんいるのだとか……。

ともあれ、借金が返せてよかったです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

債務整理すると借金はどうなりますか?

債務整理には、「任意整理」と「特定調停」「自己再生」「自己破産」の4種類があります。

債務整理をする場合、以上の4つの中から自分にとってもっともふさわしい方法を選ぶことになります。
どの方法でも、借金の額を減らせます。もっとも減額効果があるのが自己破産です。

すべの借金がゼロとなり、債務返済の義務が免除されます。

任意整理は弁護士等が貸金業者と話し合い、債務者が返済可能な額を設定します。
自己再生は、裁判所に申し立てを行い、資産状況や収入をもとに返済額を決めていきます。

自己再生では、任意整理より大幅な借金の減額が見込めます。

債務整理を相談するなら弁護士のほうがいいのでしょうか?

債務整理の相談をする場合、司法書士か弁護士のどちらに相談するか、迷う方もいるでしょう。

どちらも債務問題のプロとして頼りになる存在ですが、どちらかというと弁護士に依頼する人が多いようです。
なぜ、弁護士が選ばれるのか。それは大きな債務案件だと、弁護士に依頼するほうが手続きもスムーズに運べるからです。

特に裁判所を介する特定調停や自己再生、自己破産などは弁護士に任せるほうが有利です。

裁判所に出向いて、債務者側の債務整理を認めてもらうよう弁護ができるからです。
一方、司法書士は弁護士に比べ、可能な業務に限りがあります。

債務整理を幅広くカバーできるという点で、弁護士に人気があるようです。

どんな弁護士が人気あるのでしょうか?

どんな弁護士を選べばいいのか、迷う方は多いでしょう。

私の体験をもとに、いい弁護士さんの選び方をアドバイスします。まず、第一に債務整理の専門家を選びましょう。
弁護士さんによっては、持っている専門分野が異なります。

事務所のホームページで「債務整理ならお任せ」など、債務整理をうたっている事務所を選びましょう。

ただ、債務整理を専門にやっているだけでは、その人が本当に頼りにできるプロか分かりませんよね。
肝心なのは、実績です。

具体的な実績の数をホームページなどで挙げているところがあれば、
それを判断材料にして実績の有無を確認しましょう。

あと、費用について透明性がしっかりしている事務所も人気ですね。

やはり、専門性の高い依頼ですので、それなりに高額な費用を要求されます。

最初の相談でどんな業務にどれくらいかかるか、
はっきりと料金を提示してくれる事務所は評判も良く人気も集まります。

逆に、後から説明を受けていなかった分まで請求してくるような弁護士は信頼できないかもしれませんね。