専業主婦が借金を返済するためには?

借金から解放されて幸せです(女性/50代)

女性/50代私は恥ずかしながらどうしてもパチンコがやめられず、10年くらい通い続けました。

はじめのうちは生活費や主婦のパート代の範囲内でしていたんですが、
そのうちそれだけでは足りずカードローンを利用するようになったのです。

ギャンブルは本当は負ける時の方が多いのに、勝っている時の記憶しか
残らないからやめられない
と聞いたことがあるのですが、確かにそうでした。

それで気がつくととんでもない金額にまで借金がかさんでしまい、どうにもならなくなっていました。

それでとにかく夫に内緒で債務整理を行うことにしたのです。
まずはいくつか弁護士事務所の無料相談などを利用しました。

その中で一番信頼できそうな弁護士さんに依頼し、債務整理のひとつの任意整理を依頼しました。

実はかなり金利の高い金融会社で借りていたようで、任意整理で過払い請求もできることがわかりました。
その結果、弁護士費用などはその過払い金で支払うことができましたので本当によかったです。

面倒な手続きなどは弁護士さんにお願いできましたし、借金もこれから無理なく払える分に減額してもらえました。

本当に懲りたので、その後は気持ちを入れかえてパチンコからも手を切ることができました。
毎日借金のことばかり考える日々から解放されて今は幸せです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

プロに相談して完済できました(女性/30代)

女性/30代私は大学卒業後、4年間働きましたが27歳で結婚し、現在は専業主婦として生活しています。

私の趣味は国内旅行とちょっと高いランチを食べることで、家計が苦しくてもやめることができませんでした。現金がなくなってもクレジットカードがあるから大丈夫と考えていたのです。

しかし、ある日銀行へ行って通帳を確認してみると、
利子だけでほとんどお金を使い切っていました。

これではいけないと思い借金を返す生活をしていたのですが、ある日CMで過払い金の存在を知りました。早速私も調べてみたところ、多額の過払い金があることがわかりました。

しかし、嫌がらせされたら困ると思ったので誰にも相談できないでいたのですが、
いよいよ生活が本格的に苦しくなってきたので債務整理を決断しました。

債務整理を手伝ってくれたのは女性の専門家だったため気軽に相談できました。

手続きは思っていたよりも早く終わり、恐れていた嫌がらせもありませんでした。
そして、驚いたことに過払い金は返還されました。

その返還されたお金で残りの借金を返すことができたため、完済することができました。

今は支払いの多くを現金にしたことで新たに借入ることはなくなりました。
債務整理に不安を覚える人も多いと思いますが、一度やってみると生活が楽になるかもしれませんよ。

相談することも大切です(女性/50代)

女性/30代今の時代は主婦であっても、消費者金融業者や
クレジットカード会社から借金をする人が多くなっています。

私自身も以前は、多くの消費者金融業者から高い金利で借入を繰り返していました。毎月の支払いをすると残高が減るので、ATMで引き出すということを何年間も繰り返していたのです。

支払いが遅れることは、ほとんどありませんでした。主人の収入も定期的にきちんと入ってきたので、私のパート代もあわせれば十分に返済可能でした。

子どもの塾代や習い事にもお金をかけることができたので本当に幸せでした。
しかしながら、主人が会社を解雇されてからはつらい日々が続きました

返済が滞るようになり、自宅には督促状が届くようになりました。

なので、まずは市役所の無料弁護士相談に行って相談をしました。
その後、正式に弁護士事務所に行き債務整理を依頼しました。

誰かに悩みを相談するととても気分が落ち着き、すべて先生にお任せすることにしました。

もちろんお金はかかりましたが、過払い金返還という嬉しい結果を得ることができました
とても得した気分になりましたが、考えてみれば払い過ぎた利息が戻ってきただけですよね。

今では簡単にネットでの申し込みができますが、借入しないように注意しています。

主婦が抱えてしまった借金を内緒で返済する方法

主婦でもできる任意整理

保険金やローンの支払い、予想外の出費などの理由で借金をする主婦の方は多いです。

現在では貸金法の規制により、収入のない専業主婦は消費者金融からのキャッシングをすることは困難になっています。
しかし、銀行などの金融機関では収入のない主婦でもローンができます。

そういったカードローンなどで借金を抱えてしまい、夫にも相談できず悩んでいる主婦の方は少なくありません。

現在では借金の返済が困難な場合、借金の減額や免除、
新たな支払い計画などの立て直しをすることができる債務整理という方法があります。

その中でも、任意整理なら家族を巻き込まずに債権者との示談を弁護士が代行してくれます

また、共有資産の差し押さえや郵送物の勧告などもなく、家族にばれずに示談を進めることができます。

他にはどんな債務整理があるのか?

借金の返済が困難な場合、債務整理を行うことができますが、その方法はいくつかあります。

任意整理では弁護士や司法書士が債務の調停に入りますが、特定調停という方法では簡易裁判所が調停に入ります。
債務者は簡易裁判所に特定調停申込書を受理させ、資産やその他必要情報の提出をもって債務計画を立て直します。

特定調停は裁判所の判決と同等の効力を持つため信頼度は高いです。
しかし、申し込みや手続きは本人がすべてを行うので時間がかかります。

また、簡易裁判所の決定により資産の差し押さえを言い渡された場合、債務者は従わなければいけません

なので、主婦で夫に内緒にしている方や、時間的に余裕がない方には特定調停は難しいかもしれません。
また、その他の方法では、民事再生法の適用による債務整理である個人再生や自己破産などがあります。

個人再生は安定した収入を本人が持っていない場合は不可能です。

他には自己破産という方法もありますが、よほどの深刻な多重債務ではない場合は避けた方がよいでしょう。

任意整理は安全?

個人再生は収入がない場合は不可能です。

また、特定調停では資産の差し押さえや周囲に知られる可能性があります。
これらの方法が困難な場合は任意整理がいいでしょう。まず、任意整理とは何かをよく理解しておく必要があります。

任意整理とは弁護士を介し、債務の減額や免除を目指すものなので借金が0になることはありません。
過払いの利息分を返還されたり、遅延金を免除することで新たに債務を分割で返済していくことを意味します。

そして、任意整理は有料なのでいくらか手数料や成功報酬が必要になります。

しかし、その費用は分割払いや事前見積もりができ、返済を有利に進めることができるでしょう。

また、任意整理による弁護士とのやり取りはすべて守秘義務があり、
債権者は債務者本人に直接連絡を取ることを法律で禁じられています

そして、家に郵送で書類が届く恐れはなく、家族資料の提出も不要です。

現在、主婦で債務に悩んでいる方は任意整理を一度考えてみてはいかがでしょうか?