夫に内緒で借金している主婦が離婚?

連帯保証人となったばかりに(女性/40代)

女性/40代突然実家の両親が事業を始めると言いだし、私に連帯保証人になってほしいと連絡がきました。

ただ、私は昔から借金に対して恐怖があり、実の両親だからこそ断っていたのですが、
半ば無理矢理に保証人にさせられました

結果として事業は失敗、両親は自己破産をして難を逃れたのですが、
私自身は結婚していてそういったわけにもいかず、主人にも言えず困り果ててしまいました。

最初は貯金を切り崩して返済をしていったのですが、すぐに利息でいっぱいになり返済が滞り、
そのストレスから体を壊して辞職し、さらに返済に追い詰められることになりました。

それでもまだ夫には隠していて、しかし具合が悪く寝込んでいる時に届いた督促状を見られてバレてしまいました。

私自身は離婚を申し入れたのですが、夫は一緒に返済しようと言ってくれて、悩みながらもありがたく受け入れました。
その後すぐに夫の知り合いである弁護士に相談して、任意整理をして二人で返済を頑張り完済しました。

主婦が借金をした場合、大切なのはパートナーに打ち明けること、その上で解決策を考えることです。

自分一人で抱え込まずに一緒に考えることがとても大切だと思いました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

弁護士に相談をして借金問題が解決できました(女性/30代)

女性/30代私は長い間専業主婦をやっていましたが、離婚をして一人になりました。

子供はできなかったのでシングルマザーではありませんが、
それまで専業主婦をやっていたので、なかなか思うように収入は増えませんでした。

財産分与でもらったお金も底をつき、借金に頼るようになりました。

それから1年くらいしてようやく収入が安定してきて、借金に頼らなくても生活ができるようになりましたが、今度は借金の返済に苦しむようになりました。

このままではいつまで経っても返済が終わらないと感じた私は弁護士の無料相談を受けてみました

弁護士の費用は高額だと聞きますが、相談だけなら無料だったので、
まずは相談をしてみて納得がいくようなら債務整理をお願いしようと思いました。

そして、実際に弁護士のアドバイスを聞いて、任意整理することで
大きなメリットがあると感じたので依頼することにしました。

弁護士報酬も減額できたお金の1割程度だったので、それほど大きな負担ではありませんでした。
任意整理したことの一番のメリットは、利息をゼロにできたことです。

借金は5年で返済する計画を立てましたが、5年という長期の返済であるにもかかわらず、
利息がかからないというのはとても大きなメリットです。

現在も返済中ですが、だいぶ余裕のある生活ができるようになりました。

過払い金返還請求と任意整理をしました(女性/40代)

女性/40代私は長い間主婦をやっていましたが、旦那の浮気が原因で離婚しました。

子供はいませんでしたが、財産もほとんどなく慰謝料ももらうことができなかったので、
その後の生活には苦労しました。

ストレスなどもあって浪費がかさみ借金がどんどん増えていきました。そして、気が付けばクレジットカードと消費者金融からの借入が合計150万円まで膨らんでいました。

クレジットカードのショッピング枠は借金をしているという感覚がありませんでしたが、
延滞が続いて強制解約をされて、残高を一括請求されてからこれも借金だったんだなと気づきました。

そして、弁護士に相談してみたところ、過払い金が発生しているのでいくらか金額を減らせると言われました。

それでも私にはとても返せる金額ではなかったので、任意整理をしてもらうことにしました。

過払い金を引き直し計算して、さらに任意整理をして利息をゼロにしてもらったので、
借金を大きく減らすことができました。

その後、5年かけて残った借金を完済しました。

毎月の負担はそれなりにありましたが、早く返済しないと利息がどんどん膨らんでいくという
危機感がなかったので、精神的にはかなり楽でした。

これからはなるべく自分の収入だけで生活しようと思います。

主婦が借金で離婚しないためには

実は多い主婦の借金

一昔前までは、主婦は夫の職業によってはお金を自由に借りることができました。

しかし、現在では収入のない専業主婦にお金を貸してくれる消費者金融はほとんどなく、また、貸金業法の改正によって
個人の借入金額は収入の3分の1までに制限されており、主婦が単独でお金を借りることは実質できなくなっています。

それでも借金をする主婦は後を絶ちません。

なぜなら、もともと借りられる絶対的な額が少ないため、あちこちで借入をする結果、
返済を別の借入で補うという自転車操業となり、どんどん借金が増えてしまうというわけです。

借金が原因で離婚に至る夫婦も決して珍しくなく、家計を握っていることの多い主婦だからこそ、
夫に内緒で借金をしてしまい、それがばれて離婚ということになってしまうのです。

感覚がマヒしてくると危険

法律の改正によって、主婦が借金をしづらくなったと言っても、お金を借りることができなくなったわけではありません。

夫の給与明細や収入証明があれば、簡単に借りられる消費者金融もあり、最初は軽い気持ちで借りたものが
後になって大きな金額になってかえってくるということも良くあります。

借金で恐ろしいのは、それに慣れてしまったときです。

とりわけカードキャッシングなどは、主婦でも簡単に借金ができる方法の一つであり、
しかもカードをATMに入れるだけで、お金が出てくるといったような錯覚に陥ることさえあります。

そうなると、もうかなり危険な状態です。

簡単に、なおかつ少しずつ借りている内に感覚がマヒしてきてしまうのです。

その結果、いつの間にか借金が増えていき夫婦関係に亀裂が入ったり、
最悪の場合離婚に至ってしまうということも珍しくありません。

借金で離婚ということにならないためには

主婦が借金をするとき、夫には内緒にしておこうと考える人が多いものです。

内緒にしているうちに、借金を返してしまおうと考えるわけです。
もちろん、内緒にしながら返済できればそれに越したことはないかもしれません。

しかし、夫に内緒で借金を返済することは、はっきり言って至難の業です。

借金が大きければ大きいほど、そもそも返済すること自体難しくなりますし、任意整理などを利用して少しずつ返していくにしても、返済には3年から5年程度かかるため、内緒のまま事を進めていくのは簡単ではありません。

借金を作ってしまったら、まず周りの誰かに相談することが大切です。

離婚を恐れて一人で抱え込んでしまうと、結局身を亡ぼすことにもなってしまいかねません。
夫でも法律事務所でも、まずは人に頼ってみるのが一番の方法なのです。