借金で悩んでいる主婦に最適な任意整理

任意整理で借金苦から抜け出すことができました(女性/40代)

女性/40代私は弁護士さんに相談することで借金苦から抜け出すことができました。

初めて借金をしたのは私がまだ主婦だった時で、
子供の入学金と学費の為に280万円をカードローンで借りました。

予定としてはおよそ4年間で完済するつもりでしたが、
夫が突然リストラに遭ってしまい、返済スケジュールが崩れてしまいました。

そこで、私がパートで働き夫も再就職しましたが、夫婦合わせても
失業前の3分の2の23万円しか収入が得られず、生活もどんどん苦しくなっていきました。

そして、夫婦の間でケンカが多くなり、最後には夫の浮気が発覚して夫は家を出ていきました。

正式に離婚することになたのですが、元々たいした貯金もなく夫の収入が半減していたので、
慰謝料や生活費もたいした額はもらえず、

さらに夫に内緒で借りた借金なので、280万円の借金はほぼ私1人で支払うことになりました。

ですが、子供のバイト代と私のパート収入を合わせても月17万円ほどにしかならず、3年目に入った時点で毎月の支払いに困るようになり、結局は弁護士さんに相談して任意整理することを決断しました。

正式依頼後は金融機関との交渉をすべて弁護士さんが行なってくれて、金利の引き直し計算で借金の返済額を圧縮してもらい、また、月々の返済額を減らしてもらったおかげで、計画的な返済が可能になりました

何よりも再び静かな生活を送れるようになったことがとても嬉しいです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

苦しんでいた自分を救ってくれた友人のアドバイス(女性/40代)

女性/40代夫が借りた借金が膨らんでしまい、一時は一家離散寸前まで追い込まれてしまいました。

毎日毎日支払いを求める督促の電話がかかってくるので、携帯電話に着信があるたびに憂鬱な気分になり、精神的にどうにかなってしまいそうでした。

長年の友人に相談したところ、すぐに法律の専門家に相談するように助言されました。

しかし、見ず知らずの他人に借金のことを話すのは恥ずかしいので、
できるだけ避けたいというのが本音でした。

でも、そんな恥ずかしいとか言っている場合でないと説得され、ネットで調べた法律事務所に電話してみました。

電話でアポイントを取って、面談でスタッフの方にすべてを話してからは気分がすっかり楽になりました。

任意整理や自己破産などの借金の精算方法について、主婦の私にもたいへんわかりやすく説明していただき、
それぞれのメリットとデメリットについても詳しく教えてもらいました。

家に帰ってから夫とじっくりと相談し、任意整理をして借金を精算することに決定したのですが、
今考えてもベストの選択だったと思います。

お金で困っていることを他人に相談するのは勇気がいりますが、解決するには必要不可欠です。

友人の助言がなかったら、ひょっとしたら今でも借金で苦しんでいたかもしれません。

主人に内緒で借金問題が解決できました(女性/30代)

女性/30代私は日頃のお付き合いに備えて、カードローンで借入の申し込みをしました。

最初は主人や自分の給料日までのつなぎとして、1、2万円ほどを数日間借りて、
給料が入り次第すぐに返すという利用の仕方をしていました。

しかし、利用し始めて半年くらい経った時に、親族や主人の職場の方の結婚祝いや入院への出費が重なってしまい、いっぺんに限度額まで借りてしまう事態となりました。

返済が遅れて電話がかかってきたり、督促状が来たりで追い詰められるように感じ、
思い切って公共施設の無料の借金相談に出かけました。

担当の弁護士さんは親切に話を聞いて、借入の金額と残高を確認したうえで任意整理で解決できる可能性が高く、
私的な和解となるため主人や勤務先にもバレることはないと言われました。

主婦でもパートの収入があるので、少しずつでも安定的に返済できるため任意整理で和解できるようです。

そして、金融機関宛てに通知を出してもらい、督促の電話や郵便は止まりました。
弁護士のおかげで2ヶ月後に金融機関側と和解できました。

任意整理の結果、残高の利息分をなくし借金残高を減額してもらいました。

返済期間を2年ほど延長してもらえたため、月々の返済額を少なく抑えられるようになりました。
額が大きくならないうちに相談したため、解決までが早かったということです。

今後はお金の使い方に気をつけたいです。

任意整理をすることにより、借金がなくなることになった主婦

女性の活躍とその結果

女性の光り輝く社会やワークライフバランスなどといった言葉が盛んに取り上げられるようになってきた現代社会ですが、
女性が様々分野で大きく活躍をするという、プラスの側面ばかりが取りあげられる事態に警鐘を鳴らす専門家もいます。

女性の社会での役割が大きくなることによって、多くの借金をする主婦も増加傾向にあり、
社会問題として懸念されています

消費者金融業者やクレジットカード会社などの金融機関から借入を繰り返し行うことによって、
多額の借金をしてしまうというケースが多くなっています。

通常の場合、配偶者である夫の収入やパートや内職などといった少ない自分の稼ぎの中から返済金を捻出することになりますが、それにも限界が訪れ最終的には夫にバレてしまい、離婚になるという事態が増えています。

任意整理などを早い段階で視野に入れることも必要といえるでしょう。

頼りになる弁護士や司法書士

長きに渡って消費者金融業者やクレジットカード会社などの金融機関から借金をする主婦が多いのも事実ですが、
家計を預かる主婦にとっては返済に充てる金額をきちんととっておくことができる人も多いのです。

しかしながら、夫の勤務先の経営環境の悪化や夫の体調不良などによって、
世帯収入が大幅に減るという事態が起こることもあります。

そんなことになった場合には、弁護士や司法書士などに助けを求めることが得策といえます。

解決策としては、任意整理や自己破産、民事再生手続きなどがあります。

とりわけ、任意整理については取引期間の長いものについては、過払い金返還になるケースもありますので、
過去に取引のある金融機関に対して、積極的にアプローチすることが重要です。

任意整理の有用性

消費者金融業者やクレジットカード会社などの金融機関が、積極的に過払い金返還請求に応じるようになったのは、
社会的監視の目が高まってきたという背景もあります。

昔であれば、高金利を背景に、多くの金融機関が大きな利益をあげていました。

しかしながら、その後のいわゆるグレーゾーン金利の撤廃により業界内の整理が進み、現代に至っています。
そんな中、注意点として過払い金返還には期限があることを忘れてはいけません。

借金に悩む主婦にとっては、早期のうちに任意整理をすることが求められます

今の時代は昔とは異なり、借金をするということに対する社会の考え方は寛容になっています。
人目を避けるようにして、消費者金融業者の窓口に行くというようなことはありません。

誰でも気軽に利用できるのです。