ライフから過払い金を取り戻すには?

初めは過払い金の請求先が分からなかった(男性/30代)

男性/30代最近、テレビCMなどで弁護士事務所が盛んに過払い金返還請求について宣伝を行っていますね。

実際に私も思い当たる節があったので過去の明細などを取り寄せてみたのですが、
消費者金融に対する返還請求が多発しているためか倒産や合併、事業譲渡が行われていました。

私が持っているカードはライフのものですが、書かれている電話番号にかけても
使われていないとのガイダンスが流れました。

困ってネット検索すると、相談に乗ってもらえそうな法律事務所が見つかったため連絡してみました。すると、キャッシング部門とクレジットカード部門が別会社に移行されていることが分かりました。

なので、現在の親会社へ過払い金返還請求を行うことになりました。

訴訟提起を行い和解すると5割しか戻らないため、約1年ほどかかりましたが、
判決まで持ち込んで満額回収を行うことができました

専門家でないと知らない情報もあるので、やはり早めに弁護士に相談するのが良いと思います。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

ライフと交渉する時のポイント

ライフの過払い金がないか借金履歴をチェック

平成22年に貸金業法が改正されるまでは、消費者金融はグレーゾーン金利というものを取っていました。

貸金業法に金利を規制する規定は置かれていたものの罰則規定はなかったので、
消費者金融はそれ以上の金利を取るのが当たり前でした。

貸金業法で規制されていた以上の金利がグレーゾーン金利の正体です。

グレーゾン金利に基いて支払ったお金は過払い金とされ、消費者金融側に返還を求めることが可能です。
ライフも消費者金融なので当然グレーゾン金利を取っていました。

ライフに借金をしていた人は過去の借金歴を見なおしてみましょう。

過払い金があるかもしれません。ただ、ライフに過払い金の請求をする時は問題があります。
ライフは2000年に会社更生法の適用を受けているのです。

ライフの現在

ライフが会社更生法の適用を受けた原因は過払い金の支払いがかさんで、経営が苦しくなったためだと言われています。

会社更生法の適用を受けた後、ライフは事業再編を行っています。
キャッシング部門は親会社が受け継ぐことになりました。

クレジットカード部門は新しく設立された会社に移管しています。

このため、ライフに過払い金を請求する場合は親会社か新しく設立された
クレジットカード会社のどちらかに行うことになります。

しかし、どちらの会社も従前のライフとは別組織であるため過払い金の返還請求は認められません。

残念ながら、会社更生法適用以前の過払い金を取り戻すことは困難です。
もっとも、会社更生法適用以後の過払い金であれば現在でも取り戻すことは不可能ではありません

専門家に相談

ライフの過払い金の返還請求交渉は困難が予想されます。

なぜなら、親会社も新たに設立されたクレジットカード会社も
経営が厳しいことを盾に減額を主張することが予想されるからです。

このため、素人が交渉してもはかばかしい結果が得られない恐れがあります。

ライフの過払い金を取り戻したかったら、弁護士や司法書士に相談したほうが無難です。
最終的には裁判になる可能性も高いので早い段階で専門家の助力を仰ぎましょう。

専門家に支払うお金がないと心配している人もいるかもしれません。

しかし、相談は無料の場合が多いので、過払い金のある人は1度相談してみてはいかかでしょうか。
なかには費用の後払いや分割払いを受け付けているところもあります。

過払い金の返還を受ければ現在の借金の返済に充てることも可能です。借金を精算して平穏な日常を取り戻しましょう。