ホストにはまった専業主婦の借金相談

主婦がホストクラブ通いにはまった末に(女性/40代)

女性/40代夫とは大恋愛の末に結ばれて幸せに暮らしていましたが、
結婚と同時に妊娠し、夫の要望で仕事をやめて専業主婦になって子育てをしていました。

その間は楽しいものでしたが、子供に手がかからなくなると
やりがいも失われるようになって、毎日が退屈になりました。

そんな時に独身の女友達に誘われて、ホストクラブに行きましした。お金だけの関係と理性では分かっていてもチヤホヤしてくれるのが楽しく、ホストに貢ぐ日々が始まりました

すぐに貯金がなくなって生活費に手をつけて、次にクレジットカードのリボ払いを使い、
それでも足りずにカードローンを利用するようになりました

ただこんな生活が長く続くわけがなく、借金の返済に限界を感じて弁護士に相談しに行きました。

そこで債務整理を勧められて、さらに主人にも打ち明けるように説得されました。
そして、主人に打ち明けて借金の原因がホストクラブ通いであることも話しました。

私は離婚を突き付けられると思ったのですが、驚いたことに許してくれました。

そして、任意整理を弁護士にお願いして、主人も貯金を借金返済に使ってくれたので無事完済しました。
今は穏やかな生活ができているので、弁護士と夫にはとても感謝しています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

早めに現実と向き合うことが大切

身の丈に合った使い方を心がける

近年、ホストクラブに通う女性は増えていますが、問題になっているのは借金をしてまで通ってしまう女性です。

独身者が収入のすべてを充当し借金に走るのも問題ですが、
中には既婚者も珍しくなく家庭内のトラブルの要因になる場合もあるのです。

こうした女性の借金相談は年々増える傾向にあります。

ホストクラブは非日常を感じたい場合や、ひいきのホストがいる場合にはついはまってしまう女性も多いようです。

しかし、自分の身の丈に合ったストレスの発散法や遊び方を考え、
借金をしないと行けないような場所へ足を運ぶことはしてはいけないことです。

特に既婚者の場合は家庭内に溝を作ったり、最悪は離婚原因にもなりかねません。

家計収入をしっかり把握し、その中で可能な楽しみ方が健全なのです。

借金は早めに相談する

ホストクラブの出費がかさんで借金にまで及んでしまった場合には、
できるだけ早い段階で弁護士に借金相談をすることが賢明です。

借金が進んでしまうと最悪の場合返済が滞ることもあり、家計を圧迫したり
他社からの返済をしてまで注ぎ込んだり返済に充てる人も少なくありません。

返済のために借金を始めてしまうと、その後はどんどん借金を繰り返すというサイクルにはまりやすくなります。

この借金スパイラルに陥らないために早期の相談が必要なのです。

相談は30分程度でおよそ5000円という所が多いですが、無料相談を行っている事務所もあります。
また、経済的に困難な場合には定期的に無料相談を開いている機関もあります。

弁護士費用の立て替え制度もあるので上手に利用しましょう。

借金を整理するメリットとデメリット

弁護士に借金相談をしたら、実際に自分の債務に合った解決法を一緒に考えてもらいます。

多くは、債務の総額や収入状況で弁護士が適切なものを提案してくれる場合が多いようです。
また、依頼することになったら契約と同時に着手金を弁護士に支払うことになります。

これはどこの事務所も一括が原則ですが、事情を相談すれば分割に応じてくれる所も多いようです。

個人再生や自己破産になってしまうと裁判所の判断になりますが、認められれば借金が大幅に減額になり、
自己破産の場合は全額が免除になるというメリットがあります。

官報に掲載されて以降5年程度はクレジットカードや一切のローンは組めませんが、精神的には楽になります。

借金を解決したら、後はホストクラブか通いをやめることが大切です。