パチンコで作った借金150万を債務整理したいです。

一緒にパチンコに行っていた女友達がいつの間にか…債務整理から再起を目指す私(女性/40代)

女性/40代私には常に一緒にいた女友達がいます。彼女と一緒にいるととても自然体でいられました。

悪い意味で安心できると言ってもいいかもしれません。
というのも、お互い40歳を超えてフリーターで、未婚なので焦りを感じなくなってしまうのです。

周りの女友達がとっくに家庭を築き上げているなか、タイミングを完全に逃した私達は
お互いに嫉妬しなくていい関係がとても楽だったのです。

彼女は彼女で同じような気持ちを抱いていたことでしょう。そんな私達はよくパチンコに行きます。

毎回勝った方が負けた方に奢り、どちらも勝てば少し良い店に割り勘で飲みに行きました。
勝ち負けに関係なくお金はなくなっていったわけです。

どちらも負けがかさんだ時は…一緒にカードローンにキャッシングでお金を作って勝てるまで打ちました

お金にだらしないのも私達の共通項でした。
仲間がいると思うと、完全に感覚が麻痺してしまい借金への恐怖がなかったのです。

私の借金は、彼女とのパチンコでどんどん増えていきました。

こんな生活に先に別れを告げたのは彼女でした。しっかりとした仕事をはじめ借金を返済し、今は婚活もしているようです。私は今もフリーターのまま、増え続けた借金は150万円になっています

もう私からは彼女に連絡を取りづらくなってしまいましたが、彼女の変化に触発されないわけではありません。

まずは借金をどうにかして、人生の立て直しを決意しました。
今は債務整理に向けて弁護士さんと具体的な話をしているところです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

パチンコやギャンブルが原因の借金でも債務整理はできますか?

債務整理でも、任意整理や過払い金請求の場合は借金の原因がなにかは関係ないようです。

私も最初は「ギャンブルの借金って助けてもらえないのでは?」と不安に思っていましたが、弁護士さんによれば「貸した側は貸した分が戻ってきさえすればいい」とのことで、いちいち借りた理由まで考慮することはないそうです。

私は現在任意整理する方向で相談していますので、問題なく交渉していただけそうです。

ただし、消費者金融と弁護士さんが交渉する任意整理、過払い金請求とは違い、裁判所の判断を仰ぐ自己破産、
個人再生の場合はギャンブルや株での損失、浪費が原因だと免責されないこともあるそうです。

裁判官の判断にもよるし、初回であれば免責されることも多いそうですが、確実ではないので注意が必要です。

借金が増えていった原因はなんですか?

私の場合はパチンコに使うお金を借りていったのが原因のひとつですが、
もうひとつは「多重債務」に陥ったことでしょうか。

借りたものは返さなければいけないということはわかっているので、実際に「使うために借りるお金」も
1回あたりでは少なく、「次のパチンコで勝てればちょっとは返せるな」という額でした。

しかし次第に総額が増えてくると、返済しても利息分にしかならず、元金が減らない状況になってしまい、
金利を返すために別の消費者金融と契約し……といったパターンに嵌ってしまいました。

これでも少ないアルバイトでの収入から、毎月少額でもこつこつと返し続けていたのですが、
ある程度の借金額になると、利子だけで1年あたり数十万になります。

私の場合は借金額が150万円で、利子は年間約30万円。

30万円以上を返してようやく元金が少しだけ減るという状況なので、
宝くじにでも当たらなければ自力で借金を返済するのは難しかったと思います……。

弁護士さんは具体的にはなにをしてくれるのですか?

私が無料相談を受け付けている弁護士事務所に伺った際には、まず借金の借入先と額の確認、
返済の意思があるかと、その借金を「どうしたいのか?」を話し合いました。

どうしたいかとは、利子を停止してもらい元金だけは返済するのか、
それとも返済は無理だと判断して自己破産するのかといった具体的な目的の確認です。

同時に自己破産や任意整理のメリット、デメリットについても詳しい説明がありました。

私の場合は利子さえどうにかなれば返済は可能だと思いましたし、自己破産によるデメリットも避けたかったので、
任意整理という形で3年ほどをかけて返済することにしました。

そこからは、弁護士さんが各借入先の消費者金融会社と個別に交渉してくれます。

ケースバイケースだと思いますので、まずは口コミなどを見て、
信頼できそうな弁護士さんに相談してみるのがいいと思いますよ。