パチンコによる借金1000万の解決方法

ギャンブルでできた借金はどうやって返す?(女性/20代)

女性/20代私はパチンコで多額の借金を作ってしまったことがあります。

最初は遊びの感覚で行っていましたが、次第に仕事に支障をきたすようになり、
最終的には仕事を辞めてまでパチンコをするようになりました。

そういう生活を送っていると、借金も膨らんでいくばかりでした。

総額で100万円程の借金をしていたので、そろそろ返済しなければと焦りましたが、
それ以上にギャンブルにのめりこんでいたので、複数の金融機関からお金を借りてしまいました。

それからより負けるようになって、自分では把握しきれていませんでしたが、1000万円ほど借りていたと思います。

この時点で返済するのは絶対無理だと確信しました。
しかし、借りている場所が闇金であったり街金であったり、利息がかなり高かった場所だったのが逆に救いでした。

というのも、弁護士に相談すれば過払い金請求を行えるので少しは負担が減ると思ったからです。

弁護士に相談してみたところ、予想通り過払い金がかなり発生しているとのことでした。

支払っている分だけでも数百万円という単位の過払い金があったので、
最終的に支払わなければならない額は14万円ほどになり本当に助かりました。

いくら莫大な借用をしていたとしても、とにかく弁護士に相談することが重要だということが分かりました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

債務整理や自己破産をして解決しよう

パチンコでできた借金は自己破産できる?

パチンコで借金を作ってしまった場合に様々な方法で返済することを考えなければなりませんが、
方法の一つとして考えられることは自己破産です。

1000万という莫大な借金を作ってしまった場合に、
自己破産を考えるのは普通の施行ですが、問題はパチンコでできるかどうかです。

答えはあいまいです。
基本的には、事業に失敗したり公的な金融機関から借用している場合に自己破産申請はできます。

しかし、ギャンブルによって借りたお金は用途が事業資金などとかけ離れてくるために、
申請しても自己破産できない場合が多いです。

ですが、ギャンブルでできた借金でも自己破産できた事例はあるために、
まずは弁護士に相談してみることが重要になってきます。

ですから、一先ず相談してみると良いでしょう。

パチンコでできた借金の返済方法

パチンコでできた借金は返済する目途がなく、積もり積もっていく場合が多いです。

ギャンブルの場合は一時的にギャンブルをしたいという目的で借金をします。
そして、負ければ当然返済できなくなってしまい、1000万という大金になってしまうのです。

仕事をしていれば返済できますが、それ以上に負けが込んでしまうとさすがに返済も厳しくなってきます。

借金の返済方法として挙げられるのが、過払い金請求です。

キャッシング経験がある人には該当するものであり、
過払い金が発生していればその過払い金を返してもらえます。

借金総額と返済した際の利子率を吟味して計算していきますが、
場合によっては返済額がかなり減る可能性もあるため、行って損はありません。

まずは弁護士に相談すると良いでしょう。

パチンコで借金をしないためには?

パチンコで1000万円の借金ができてしまった場合は、取り返しのつかないことに気が付きます。

しかし、気が付いてからでは遅いのです。
パチンコは適度に楽しむ遊びであり、のめりこみすぎると借金をしてまで遊びたくなってしまいます。

ある種依存症であり、注意しなければなりません。

パチンコで借金しないためには、自分が依存症だと気づいた時に相談するとよいでしょう。

公的機関では、ギャンブル依存症の人を対象にセミナーを開講していることがあります。

そのセミナーでは、ギャンブルがいかに怖いものかということや、
借金をするとどうなるかということを教えてくれるために、自分を見つめなおす機会にもなります。

ですから、自分がまず依存症だと感じたら、そういったセミナーに参加してみるのも良いでしょう。