パチンコやめたい派遣社員が借金を返すには

ギャンブル三昧の成れの果ては債務整理でした(女性/40代)

女性/40代今の日本にどれだけの派遣社員がいるかは考えたことはなかったのですが、
40歳を過ぎて派遣社員というのはとても不安があるものです。

派遣社員はボーナスもないうえ、毎月払う家賃や交際費、
私服にかかるお金、化粧品で給料のほとんどが消えていくのです。

老後のことを考えると貯金をしなければいけないのに、
生活もギリギリでそんな余裕はまったくありません。

買い物といえば、ポイントが貯められることを理由にカード払いしてきたけど、
請求額はどんどん増えていき、時には20万円近くになることもありました。

派遣社員は社会保険や通勤定期は自分持ちなので、実質15万円程度の手取りですから、
あとはカードキャッシングで乗り切るしかありません

うだつの上がらない私のストレスの捌け口はパチンコでした。

キャッシングで引き出したお金で週末にパチンコ台の前でタバコをふかすのが、私の裏の顔でした。
余裕のなさは、私を自暴自棄へと走らせました。

膨らむ請求額をみるとこんな生活をもうやめたいと正直思っている自分もいました。

このままじゃ将来がない…とふと考えたある日、スマホで見つけた債務整理の無料相談会の記事を目にします。
これは何かのメッセージではないかと、ふらっと出かけてみることにしました。

弁護士はいまなら間に合うので、早く任意整理したほうがいいと勧めてくれました。

内容はとても納得のいくもので、その日を境にパチンコに行くのも馬鹿らしくなってしまい、
それからは真面目に借金を返済する日々が始まりました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

債務整理はどんな人ができますか?

債務整理するために必要な条件は特にありませんが、それぞれ金額が決められており、例えば個人再生の場合は、
住宅ローンを除く借金の総額が5,000万円を超える場合はできないなどの細かい定めがあります。

職業的な条件でいうと弁護士・公認会計士・司法書士・税理士・行政書士などの職業についている人は
手続きを開始すると同時に、その職業をしてはいけないという制限がありますが一時的なものです。

そのような特別な条件を除けば、誰でも債務整理ができる可能性があるということです。

自己破産は借金を清算するという性質の整理方法ですが、
そのほかの手続きに関しては計画的に返済していくというものになります。

2~3年の期間に借金を返済するだけの経済力は必要になってきますので、
アルバイトでもよいので一定の収入を維持できる職業に就いていることが一番大切だと思います。

ギャンブルでの借金は債務整理の対象になりますか?

職業や借金をした理由なども特に問われることはありませんので、
私のようにパチンコのようなギャンブルで作ったような場合にも、債務整理は可能です。

自己破産を行う場合にはギャンブルでの借金は免責の対象にみなされない場合もありますが、
そこは自己判断せずに、弁護士に確認してみることをオススメします。

ネットでは様々な情報が溢れていますので、それに振り回され決めつけてしまうのはもったいない話です。

結果としてギャンブルに繋がった原因があるかも知れませんし、借金は個別性の高い悩みです。
臆することなく何でも弁護士に話してみることが、債務整理では大切になってきますよ。

任意整理が終わるまでにはどのくらいの期間がかかりますか?

任意整理の手続きが終わるまでには、約2~6カ月かかると言われます。

多重債務の場合は単純にそれだけ弁護士が交渉する債権者数が増えるため、時間がかかると思ったほうがいいですよ。
私の場合は1社のみでしたので、比較的早く交渉が終了して、返済をスタートすることができました。

派遣社員の私は月々の収入は変動があまりないので、一回でも返済が膨らむというのはリスクになります。

弁護士への費用の支払いが終わるまでは、借金の返済はいったんストップすることもできました。
弁護士に依頼をしてからは、想像もしていなかったよい方向に人生が動いた気がしています。

ストレスからパチンコにハマっていたことは過去の自分として客観視でき、
人生はいつからでもやり直せるのだなと今回の債務整理で知ることができました。