サラ金にお金を返せない時の対処法

借金が膨れ上がり、どうしようもない状態に…(男性/50代)

男性/50代私がサラ金からお金を借りたのは、ほんの軽い気持ちからでした。

低収入で苦しい節約生活がもう何年も続いていたので、たまにはスカッと気晴らしをしたい。

そういう気持ちで無人ATMから申し込んでみると、
あっさり審査が通りお金を借りれたのが始まりです。

最初は3万円だけ借りて、すぐに返済しました。

しかし、あと1万だけ2万だけ…と借りる癖がついてしまいました。
給料日前には当たり前のようにお金を借りていたと思います。

そのうちに借金額が膨れ上がり、返せない状態になったのです。

それまでは、ATMだけのつき合いでサラ金からお金を借りている実感はありませんでした。
しかし、返済が滞り電話がかかって来るようになり、背筋が凍りました。

また、滞納すると利子に加えて遅滞料金が課せられます。

この遅滞料金が高額で日に日に借金が増えてしまい、もはや自分の稼ぎでは支払いきれない額になっていました。
そこで出会ったのが債務整理です。ただ仕事柄、自己破産はできない状態にありました。

それ以外の方法はないかネットで調べた末、個人再生をすることになりました。

これは資産を残しながら、借金の減額を求める方法です。
おかげで職場兼自宅を手放すことなく、借金問題を解決することができました。

あのまま借金を放っておいたら、きっと差し押さえで家は失っていたでしょう。

人生も立て直すことができ、今ではお金とちゃんと向き合えるようになっています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

自己破産を行う前にやるべきこと

自己破産のメリット

自己破産とは債務のすべてを放棄することです。通常、弁護士に委託し手続きをお願いすることになります。

最初の相談料はだいたい5000円位が相場になっています。
その後にかかる費用は事務所ごとに違ってきますが概ね30万前後は掛ると思っていたほうが無難です。

しかし、最近ではそういった部分でも救済措置を設けているところもあり、
分割払いに応じてくれる事務所もあります。

以前は借金で首が回らない状態の上に、さらに自己破産をするために
まとまったお金を用意しなければならないという矛盾した部分もあったのですが、幾分改善されつつあるようです。

メリットとしては債務を返せない状況が続くとサラ金などから電話で再三にわたって取立ての電話が掛かってきますが、
弁護士にお願いした時点で一切電話も通知も来なくなります。

これによって心の平穏を取り戻すことができ、再び前を向いて行けるようになるでしょう。

自己破産のデメリット

まず、自己破産を宣告してからと免責が下りるまででは状況が違います。

免責が下りるまでの間は行動も制限されますので、その間は海外旅行などに行くことはできません。
また一部の特殊な仕事にも就くことができなくなります。

ほとんどの場合弁護士や司法書士などといった資格を有する職業に限定されますが、
その他にも金融関係や警備員、組合関係なども対象になります。

借金が返せないで自己破産をするわけで、心情的にはすぐにでも新しい仕事を始めたいところですが、
担当の弁護士などともよく相談して今後の身の振り方を決めるといいでしょう。

ちなみにサラ金などの貸金業にも就職することはできません。

ただし、この制限はあくまで免責がおりるまでの期間の話ですので、
免責が下りて晴れて債務が失くなったあかつきには自由に職業を選択できるようになります。

その後の生活に影響がでるもの

一番大きいのは官報に記載され5~10年ほどは新しくローンを組んだりクレジットカードが持てないことでしょう。

しかし、永久にというわけではないのである程度の期間が過ぎたら、確認のために申し込んでみるといいかもしれません。
その際、破産の対象にならなかった金融会社を選ぶようにして下さい。

官報とは別に各社で自社の事故物件を保管しているところがあるからです。

現在ではサラ金などより銀行系のカードローンの方が審査の面でも優遇されているので、頭に入れておきましょう。
携帯電話に関しては予めクレジット払いをコンビニ払いなどに変更して、きちんと支払いをしておきましょう。

自己破産をしたことによって、今使っている携帯電話が使えなくなることはありません。

ただし、うかつに機種変更や乗り換えはしないようにしましょう。
最近の携帯電話は高額なためクレジット扱いになっていることも多く、審査に通らない場合もあるからです。

借金が返せない状態でも携帯電話の使用料だけは払っておくことをお勧めします。