サラ金による借金を自己破産で解決した

自己破産してみて分かったこと(女性/40代)

女性/40代主人が経営していたお店が相次ぐ競合店の出現で閉店を余儀なくされました。

開店資金や運営資金として借りたお金は商売をしていればなんとか回せますが、
中途採用で働き出した主人の給料や私のパート賃金ではとても返済しきれません。

昼夜問わず返済を催促する電話が掛かってきて、頭がおかしくなりそうでした。

毎晩主人と解決策を話し合いましたが、素人の考えでは限界があります。
そこでまずはネットで見つけた法律相談所へ伺うことにしました。

担当の方こちらの状況を親身に理解してくれて、私たちは任意整理や個人再生を予想していましたが、
銀行以外にサラ金からも複数社の借入があったために自己破産を勧められました

夫と相談したのち、自己破産をしてやり直すこと決意して正式に手続きを依頼しました。

そして、その日を境にあれほどしつこかった電話がぴたりと止まったのに驚きました。
破産の免責を受ける当日、裁判所には私たちと同じような境遇の方が何人もいらっしゃいました。

幸い異議申し立てをされる債権者の方はおらず、スムーズに免責は下りました。

今後はこの教訓を忘れないようにしっかりと地に足をつけて生きたいと思います。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

債務整理の最終手段は自己破産

債務整理とは

債務整理というのは返済が不可能になった借金を整理することを言います。

支払うべき相手を選択して最小限の支払いを継続する任意整理や、事業などを継続したまま
借金の額を縮小する個人再生などがありますが、一般的には自己破産を選択することが多いようです。

理由としては最初のうちは銀行のカードローンがメインだったものが申し込みの容易さからサラ金などにも手を出し、
借金の額が膨れ上がりにっちもさっちも行かない状況まで我慢してしまうケースが多いからです。

借金返済の催促の電話に神経をすり減らし、なんの為に生きているのか
分からなくなって精神を病んでしまう人も少なくありません。

お金を借りて返さないというのはたしかにいいことではありませんが、
貸す方はそれを商売にしているわけでそれなりのリスクは当然最初から分かっているわけです。

知り合いや家族から借りた場合と違い、貸金業者からの借金は割りきって考えていきましょう。

自己破産の流れ

個人で自己破産の手続きを行うことは不可能です。必ず弁護士に入ってもらいましょう。

最近では債務整理に特化した弁護士事務所も多いのでネットで検索してみるのもいいかもしれません。
その際は口コミとかを参考にして良心的な事務所を選ぶように注意して下さい。

地域ごとに弁護士組合が運営している安い相談所もありますので利用するのもいいですね。

相談料はだいたい5000円からが相場になっています。
相談に行く際は借金のリスト、自分の家の経済状況が分かる資料を持参しましょう。

弁護士に対して見栄をはる必要はありません。すべてを正直に話して力になってもらいます。

この時、虚偽の申告などをするとうまくいく物もいかなくなります。
弁護士に借金のリストを渡し債務整理をお願いした瞬間から、催促の電話はぴたりと止まります。

銀行だろうがサラ金だろうが、債権者が直接あなたに連絡することは不可能になったのです。

自己破産、その後

裁判所で免責を受けると晴れて借金はなくなります。

債権者はここで異議申し立てを行えるのですが貸金業者はそんなことをしたりしません。
損金として計上してそれで終わりです。免責になるととりあえずは一般の生活に戻れます。

自己破産を申請中は海外旅行にも行けませんし、
警備員などの特定の職業に就くことはできませんが、それも可能になります。

ただし、官報に破産の事実が掲載されていますから、
5~7年は新しくクレジットカードなどを持つことはできません

官報は自分で確認することもできますので、時期をみて調べてみるのもいいでしょう。
新しくお金を借りることには抵抗があったとしても今の時代クレジットカードは必要ですからね。

ただし、サラ金などは官報とは別に自社の記録を残している場合があるところもあり、
一度債務整理を行った会社の審査は通らないことが多いようです。