借金返済したいサラリーマンのためのお役立ち情報

会社の壺を弁償しろと言われた夫が、勢いで借金してしまいました(女性/40代)

女性/40代私はサラリーマンの夫を持つ専業主婦です。

娘が最近志望していた私立大学に合格し、家族は順風満帆な生活に思え、
誰から見ても幸せな一家だったと思います。

しかし、ある日青い顔をして帰ってきた夫から大変なことを聞かされたのです。

その内容というのが、夫が会社の得意先に営業で出かけた際、
応接室に飾られていた高価な壺を割ってしまったというのでした。

社外での夫の不注意ということで、非情にも会社は助けてくれず、
うちが自腹で弁償額を支払わなければならず、壺の請求書を渡されたというのです。

話を聞くうちに直属の上司である専務が夫を目の敵にしており、
クビにする機会をうかがっていた「黒い意図」が見え隠れしていました。

夫はこれから大学生になる娘の学費を思えば、40代の働き盛りで会社を辞めるわけにはいかない…と、
壺の代金をその日のうちに、会社に支払ってやった!というのです。

当然そんなお金があるはずないと思い、夫を問いただすと
持っていたクレジットのキャッシングローンで壺の弁償代を作ったということでした。

月末には娘の学費の支払いもあるのに、これに加えて弁済のために作った借金を合わせると、
あまりにも現実離れした金額に思えました。

会社では強気にふるまっただろう夫も、さすがに家族の前では意気消沈しているし、
ここは妻の私がなんとかしなければと思いました。

私は弁護士の力を借りようと夫の週末の休みを利用し、無料相談に行くことにしました。

私たち夫婦は計画的に借金返済をしていく方向で、弁護士と話がついたところです。
家族を支える男気のある夫を、私はこれからも応援したいと思います。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

サラリーマンを続けながら、債務整理はできますか?

まず、債務整理を行うのであれば、仕事を辞めてはいけません。

もちろん、サラリーマンを続けながら債務整理は可能です。
夫は会社を続けたいという強い希望があり、壺の代金を弁償しました。

したがって、仕事はこれまで以上に頑張っていくという姿勢でした。

今回「任意整理」を行うにあたり、仕事になるべく支障が出ないようにしたいというのが主人たっての希望でした。

大事なプロジェクトも抱えているため、平日に会社は休みたくないという夫の希望で、
土・日・祝日に対応してくれる弁護士事務所をネットで探しました。

私たちは休みを利用して弁護士事務所へ相談に行き、
必要な書類はできるだけリストアップしながら集めることもできました。

幸い、平日に休まずに済み、主人は満足げでした。夫婦そろっての相談ということで、心の支えにもなっていたようです。

少しずつ明るい彼に戻り、会社でも部下とやりがいのある仕事に打ち込めたようです。

債務整理を会社に絶対に秘密にできますか?

夫は会社の陰謀で壺の代金を被ることになったので、会社には絶対秘密にしたいという意地があったようです。

私もなるべく協力したいと考えていました。クレジットローンの返済が滞ることはなかったので、
会社に連絡がいくということは一切ありませんでした。

弁護士にも希望を伝えたので、連絡は主人か私の携帯にかけるようお願いし、
主人が仕事で携帯に出られないときにも、会社の電話にはかけないよう徹底してもらいました。

郵送物は自宅に郵送されるため、心配はあまりなかったです。

基本的に会社に内緒にすることは可能ですから、弁護士には必ず要望を伝えるようにしてくださいね。

債務整理を行うことですでに組んでいるローンはどうなりますか?

私たち夫婦には、すでに車のローンと住宅ローンの2つを返済中でしたので、
債務整理を行うことで、この先どうなるのだろうという不安がありました。

万が一、債務整理の方法のひとつである「自己破産」になった場合は、
財産を競売にかける必要がでてくるかもしれませんね。

今回は「任意整理」という方法で借金の整理を行うことになったので、
家や車を手放す必要はありませんでした。

実際には2つのローンとこれから始まる「借金の返済」や娘の学費を考えると、
主人の給料だけでやっていくことは難しいこともわかりました。

私はサラリーマンの夫を支えるため、ドラッグストアでパートを始め、
この収入はちょうど債務整理の月額に相当したため、無理のない生活が実現できました。