生活破綻を引き起こすギャンブルには要注意

ギャンブルで生活破綻してしまった!(男性/40代)

男性/40代私は昔パチンコにはまっていて、生活破綻するまで続けていきました。

毎日通い続けて、消費者金融なども利用していました。負けては借りてを繰り返していたのです。
すると、いつの間にか借金が70万まで膨れ上がってしまいました

最初の内は後悔でいっぱいでした。

当時私はクリーニング屋に勤めていて、月収は14万程度でした。
生活費などを引くと大体7万ほど自由に使えるお金がありました。

そこから借金を返すための最低保証金額を支払うので、生活が大変苦しかったのを今でも覚えています。

そして、たまたま見た借金に関するサイトで減額できるかもしれないことを知り、法律事務所へ行くことにしました。
ただし、私の場合はギャンブルで作った借金なので債権整理することが難しいと担当の弁護士から教えてもらいました。

なぜギャンブルをしてしまったのだろうと強く後悔していた時、弁護士の方が一つのアドバイスをしてくれました。

それは、金融会社への借金を一つにまとめる債権整理は可能だということです。
複数の会社から同時に催促状が来るのは精神的にきつかったため、非常に助かりました。

今では借金をすべて返し終えて、パチンコへ行くことも止めました。

私がこの体験談を通じて伝えたかったことは、お金は計画的に借りなければいけないということです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

ギャンブルによる生活破綻

ギャンブルはトラブルを招く

配偶者のギャンブルが問題になることがあります。夫に多く見られがちですが、実際には妻側にも増えているようです。

特に、夫に隠れて家計の中から使っている場合には、次第に家計そのものが回らなくなってしまうことは多いものです。
預貯金まで切り崩してしまい、気づいたら借金までできていたというのは珍しい話ではありません。

しかし、当然ですがそこまでになってしまえばいつかは表面化して生活破綻を招きます。

場合によってはそれだけでは済まず、離婚に至ることにもなるのです。特に、借金の督促が始まってしまうと最悪の状況に陥ってしまいます。
多くの人にありがちな間違った考えはギャンブルで損失を取り戻そうというものです。

ギャンブルで損失を取り戻すのは無理と考えてしっかり抜け出しましょう。

状況に応じた適切な解決

一番理想的なのはついうっかりギャンブルをしてしまっても、1回や2回程度の早い段階で止めておくことです。

もしも、最初に大きく当たってしまってもそこで止める決断が重要です。そういう状況は長くは続くものではありません。
はまってしまう人の多くがこのビギナーズラックで儲かると思ってしまう傾向が見られます。

病的に家計を使い込んでしまう場合には、専門家に相談するのが一番良い方法です。

借金をしてしまう人は、まず弁護士に相談して借金をしっかり整理することを始めてみましょう。

生活破綻を招く前に考えるのが望ましいですが、返済まで困窮する事態になっていても、
事務所によっては弁護士費用の分割制度を設けていたり、無料相談を受けている機関があります。

上手に利用して解決を図りましょう。

一刻も早い生活の再生を

ギャンブルは依存性の強いものです。

借金をするまでに至った場合にはまず弁護士に相談し、適切に解決に導いてもらいましょう。
実際に生活破綻を早めるのは借金が大きな要因になります。

特に、返済が滞りがちになり、督促がくるようになってしまうと最悪の事態も考えておかなければなりません。

滞納の金額によっては裁判所を通じて一括請求されることも少なくはないのです。そうなっては手遅れになります。
一括で返済できる目処がない場合には、不動産を売却するなどの事態も考えられます。

実際に借金を抱えてしまった場合には、何も財産が無い状態であれば
破産宣告をするなどの法的免除を受けるのが一番です。

早期に自分の現状と向き合い、落ち着いた生活ができるように心がけたいですね。