ギャンブルの借金返済のため債務整理しました

ギャンブルでの債務整理はできないと思っていました(女性/30代)

女性/30代専門学校を卒業してすぐに飲食業界に入った私は、
もうじきレストランウェイター歴10年になろうとしています。

キツイ仕事のストレス解消法は、ボートレースでした。

ボートのエンジン音が響く中で、思い切り声を出しても誰からも咎められないし、
独特な開放的な空間は気分がスカッとします。

毎週のレースでは、賭ける金額はストレスの大きさに比例して増えていきました。

カードでお金を借りることにも慣れっこでしたし、過酷な労働環境は日々私をギャンブルへと掻き立てていたのです。
気づいた時には、借金は100万円を軽く超えていました

この先どうしたら、借金を完済できるか思いつきもしませんでした。

そんな時競艇場で見つけたポスターには、”債務整理に困ったら弁護士に相談を…“という言葉が目に飛び込みます。私はその晩、考え続けました。

このまま借金を返済できなかったら自己破産なのかと思うと、両親の顔が思い浮かび眠れなくなりました。

私は思い切って弁護士事務所にメールを送ることで現状を打破したいと考えます。
自分の今の状況や職業、かかる費用を聞きたいなどをざっくり伝えてみることにしたのです。

返信はその日のうちに来ていて、ぜひ事務所に直接お越し下さいと書いてありました。

勇気を出して相談に行ってみると、任意整理という方法で解決できるとのことでした。
一人では何も動かない出来事も、アクションを起こすことで変化することもあるのですね。

不眠も一気に解消し、地道に返済を続けています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

任意整理はギャンブルでもできますか?

債務整理をする際に借金を作った理由を問われるのではないか、というのは気になるところです。

パソコンで調べていると、様々な情報が錯綜し何が本当か確かめることができません。

個人の感覚としてはギャンブルや浪費で作った借金が返済できないからといって、
債務整理をすることはあまりに都合のいいことだと思えました。

弁護士に確認してみると、任意整理の場合は借金の理由は問われないとの答えでした。

任意整理を弁護士に依頼すると、借入先への交渉や手続きを弁護士が一手に担ってもらいます。
面倒な手続きを行う必要もありませんし、取り立てについては代理人である弁護士に行わなければいけなくなります。

裁判所へ出向く必要もありませんので、追い詰められていた気持ちは嘘のように軽くなりましたよ。

弁護士費用はどのように捻出しましたか?

今回行った任意整理で説明すると、借金の返済は3年間という期間で返済していくことになります。

総額では100万円だった借金は減額されることになりますので、実質3万円前後の返済を続けていけばいいのです。

ただし、独り暮らしで家賃と合わせての支払いとなると、いくら返済額をおさえることができたとしても、
弁護士への費用が加算されることは収入から考えても大変厳しいことでした。

私はそのことを正直に弁護士に相談してみたところ、
まずは弁護士事務所への支払いを済ませてくださいとのことです。

その間は、債務整理での返済をストップさせることができるので、
ほとんどの場合は順番に支払いを終わらせていくという形を取るのだそうです。

任意整理は、自己破産や個人再生に比べると費用も少なくて済みます。

弁護士費用も長引かずに返済を終えることができましたし、今では順調に返済をスタートできています。

任意整理にかかる時間はどのくらいですか?

債務整理を行うにあたり気になるのは手続きの期間です。

任意整理はそこまで複雑な制度ではなく、比較的短時間で済みます。

おおむね3カ月~半年で手続きが終わりますので、借金返済を終了するまでの期間は
多く見積もってトータル3年半ということになります。

債務整理を行わずに今まで通り返済を続けていたら、どんどん金利が加算され、
とても3年半で完済することは難しかったでしょう。

弁護士事務所にお世話になる人が世の中にどの位いるのか分かりませんが、
もし借金問題を一人で悩んでいるなら、ぜひ弁護士事務所の無料相談を利用してみることをオススメしたいです。