主婦の仕事に疲れ、ギャンブルで借金まみれになった話

ギャンブルで借金を作り、債務整理した主婦の話(女性/20代)

女性/20代結婚して5年目の専業主婦です。

結婚してからは一度も働かず、ずっと家庭の仕事を任されてきました。
夫からは、「俺が稼ぐからお前は家にいてほしい」と言われてきました。

私もとくに仕事をしたい願望はなかったので、夫の要望に応え、
家事に専念してきたのですが、どこかで物足りなさを感じていたのも確かです。

そんな心の隙間に入り込んできたのが、ギャンブルの誘惑でした。

ずっと家にいると、孤独を強く感じます。新居に引っ越してきたばかりで周りには友達もいませんし、話し相手もいません。買い物帰りにパチンコ店から聞こえる賑々しい音楽に誘われ、ふらっと入ったのが始まりでした。

ビギナーズラックというんでしょうか、いきなり10万円も勝ってしまい、
あっという間にパチンコの魅力にはまったのでした。

パチンコを楽しみたいけれど、お金がありません。

そこで、夫には内緒で銀行のカードローンからお金を借りてそれを資金にしました。
運良く勝てたのは最初だけでその後は負ける一方、私の債務残高はそれに比例して膨れあがっていったのです。

このままじゃまずいと思い、ネットで色々検索した結果、
弁護士さんに頼んで債務整理したほうがいいと分かりました。

弁護士事務所もネットで調べ、実績豊富で評判もいい弁護士さんに当たりました。

その先生は説明も丁寧で主婦でも債務整理できると言ってくれたので、これで大丈夫だと安心できましたね。
夫には、正直に打ち明けました。何とか許してもらって、夫と一緒に完済まで頑張りたいと思います。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

主婦の借金でも債務整理できますか?

債務整理を活用するには、ある程度の経済力がないとできません。

とくに専業主婦となると、個人での収入はないため、債務整理できないのではないか?と思われるかもしれません。
しかし、私たちでも借金に悩むことってありますよね?

主婦という理由で借金の減額ができないなんてことはないんです。

たとえ仕事をしていない主婦でも、債務整理の利用は可能ですので、安心してください。
専業主婦が活用できる債務整理は任意整理と特定調停、自己破産です。

ちなみに、個人再生は安定した収入があることが条件ですので、専業主婦は活用できません。

主婦がこれらの方法を使って借金を減らしたいのであれば、夫など家族の力を借りることになるでしょう。
とくに夫の理解は絶対必要でしょうね。

主婦が債務整理することで家族に影響はありますか?

自分名義の借金額を債務整理する場合、その履歴は本人の名前で載ります。

そのため、夫や他の家族の信用に傷が付くということはありません
仮に、夫名義でカードローンを利用して債務整理した場合、夫の名前として履歴が残るので注意が必要です。

ご亭主がもし今後、何らかの理由で銀行や消費者金融からお金を借りたい状況になったとき、
債務整理の履歴があれば借りられなくなる怖れがあります。

自分の名前ではなく、夫や他の家族の名前でお金を借りる場合は、返済できない状況も考えて借りる必要があるでしょう。

自分の名義で主婦がお金を借りて債務整理をする結果となっても、
返済する力が足りないと思われるので、どうしても夫の収入に頼ることになるでしょう。

月々の返済を夫の小遣いから引き出して使うことになれば、飲食代も減らされて
会社の付き合いもできなくなるなどの影響は出るかもしれませんね。

主婦は個人再生できないのですか?

専業主婦が利用できる債務整理は、任意整理と特定調停、自己破産の3つです。

債務整理にはもう一つ、個人再生という方法がありますが、
安定した収入があることが条件なので、専業主婦が利用するのは難しいでしょう。

しかし、正社員勤めの主婦であれば、個人再生で借金を減らすことは可能です。

ちなみに、個人再生は債務を全体の5分の1まで減額できるので、借金の負担は大きく減らせます。
減額した分を3~5年で完済すれば、あとの債務は免除となるわけです。

大幅に借金を減らせる分、条件もそれなりに厳しくなります。

継続して安定した収入があることが条件というのは、そうした事情が背景にあると考えていいでしょう。