キャッシングでお金が返せない場合の対策

キャッシングでついに返済不可能に(女性/30代)

女性/30代いつ頃からかお金が足りなければキャッシングすればいいという考えが私の中でありました。

当時の私は何を考えていたのか、キャッシング枠内は貯金と同じ…と
勘違いしていた部分があったのです。

限度額までは安心して使えるという感覚です。

しかし、会社でリストラにあって収入が途絶えてしまいました。
そうなると、キャッシングによる借金が全く返せない状態になります。

途方にくれつつ放置していると、利子やペナルティの延滞料でますます借金が膨れてしまいました。

そこで、別の金融会社でキャッシングして穴埋めをしたのです。
しかし、そんなことも長く続くわけもなく再び返せない状態に。

そして、金融会社から督促の電話がかかってくるようになり、ストレスで頭がおかしくなりそうでした。

そんな時にたまたまインターネットで債務整理を知ったのです。
債務整理とは多重債務などの借金の合法的な救済措置であると知り、すぐ相談することにしました。

専門家の方によると、私のケースは自己破産する必要はないとアドバイスしてくれました。

早速、債務整理の手続きを依頼するとなんと督促電話がならなくなったのです。
おかげで毎日電話に怯える暮らしから解放されました。

借金の取り立てに苦しんでいると、前向きな思考が持てないものです。

でも、債務整理で希望がみえ、今では新しい仕事もみつかり人生を立て直すことができました。
借金とは無縁の生活を送れるようになったのでとても嬉しいです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金をしなくても可能な現実に向き合う

自分の置かれた状況を見直す

キャッシングの利用で多く見られる最悪の事態は、返せないという判断が遅れてしまうことです。

これはギャンブルや浪費などの他、やむを得ない生活費の補填など日常的に利用している人がその傾向に陥りやすく、
返済も含む不足分をキャッシングでまかなうことで成立できていると錯覚するのも原因のようです。

しかし、これは正常な経済状況ではない為、当然ですがそう遠くないうちに破綻が訪れます。

無謀な利用や無理な返済をしているという自覚をすることがまず大切です。

キャッシングは、確かに利用限度額の範囲内であれば何度でも引き出しは可能ですが、
返済をしながら新たに借りるという状況を何度も続けてしまうと、金利がかさんでいくことになります。

払っている金額の内訳を落ち着いて確認し、元金がどれくらい返せているのか正確に把握しましょう。

借金ではなく節約を考える

返せないという判断をできるだけ早くしたら、キャッシングで補填していた部分を除いたお金で生活する方法を考えます。

ここで大切なのは、返済が無くなれば生活が回っていくかどうかを見極めることです。

返済に気を取られてしまい、実際は借金が無ければ生活費は余裕でまかなえる
という事実を見逃してしまう人は多いようです。

返済以外にも不要な出費がないかをチェックしましょう。

携帯代やネット代、保険や食費など料金プランに無駄がないか、使い過ぎていないかを一つずつ整理します。
これらは定期的に見直すことで無駄を防ぐこともできます。

そして、不要なものがあれば解約したり、プランの変更をして毎月の出費をできるだけスリムにしましょう。

月によっての変動がないように見直すのが理想的です。

借金を前向きに解決する

置かれている現状で生活が可能であれば、キャッシングなどの返せない借金を整理します。

これは総額によって方法は分かれます。まず、返済に充当できるものがないかを考えます。
保険を解約したり、車や宝飾品を売却することで可能であれば思い切ってそうしましょう。

しかし、家族に内緒で借りている場合にはこの決断は難しいかも知れません。

また、借金に充当できるようなものが無い場合には早めに弁護士に相談することが良い方法です。

返済が滞り始めたり督促が来るようになると、何かと大変なものです。
まずは精神的に落ち着かない状態になってしまいます。

無料相談や着手金を分割してもらえる制度や事務所は増えています。

返せないと感じたら、できるだけ早い段階で相談して一刻も早い生活再建をしましょう。