キャッシングによる借金から抜け出すには

買い物で借金地獄!そんな私でも、過払い金が取り戻せました(女性/50代)

女性/50代私は約20年ほど前に仕事のストレスを解消するため、買い物を趣味にしていました。

初めは安いジュエリーなどで満足していたのですが、自分の部屋にそれらが溜まっていくと
もっと高価なデザイン性のあるものを購入したいと思うようになりました。

特に職場の人間関係でイライラした日には買い物が楽しくて仕方ありませんでした。

仕事帰りに百貨店に行って、ジュエリーだけでなく高価な化粧品を一式購入することもありました。
次第にその買い物がエスカレートしていき、カードのキャッシング枠で借入するようになりました。

その時は給料が入ったら返済するというパターンができており、まるで財布感覚でキャッシングを使用していました。

初めは罪悪感がありましたが、購入したものを質屋で売ってお金に換えていましたし、
仕事を頑張るためにも買い物は自分にとって必要な行為だと言い聞かせていました。

しかし、そのうち給料だけでは返済することができなくなり、私は消費者金融に手を出しました。

その後、借り換えを行いどんどん金利が高くなり、いわゆる首が回らない状態になりました。

そして、借金から抜け出すことができないまま、数年後私の借金はものすごい金額に膨らんでいました。
もうどうしようもできなくなり、私は親に頭を下げて返済をしてもらいました。

後日友人にそのことを話すと、すぐに法律相談所に相談して過払い請求をした方がいいと言われました。

早速その手続きをしたのですが、驚くことに本当にお金が返ってきたのです。
借金がある方は一人で悩まずに早めに法律相談所に相談することをお勧めします。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

こうすれば借金を最小限にできる

金利の低いカードを持っておく

借金はできるだけしないことが最も大切ですが、それでも突然の失業や病気、親の介護など
生きていれば何らかの事情で必要に迫られることはあります。

しかし、キャッシングはできるだけ避けたい借金の一つです。

もし借りてしまったら続けて利用することはせず、早めに抜け出すようにしましょう。

大きな出費でやむを得ない場合には銀行を始めとした低金利の金融商品を借入し、しっかりした返済計画の元で返済していくのが好ましいですが、葬儀や事故など急を要する場合には審査に時間がかかり、不向きであることは否めません。

いざという時に利用可能な借金を利用するなら収入が安定し、
且つ借入がどこにもない経済的に安定した時期に銀行系のカードローンを作っておく方が賢明です。

生活が一時的に困窮した時の切り抜け方

収入自体が大きく変化したわけではなく、突発的にまとまったお金が必要になった場合は別ですが、
一時的に生活自体が困窮し、生活の補填としてキャッシングする場合はまず生活費全体の見直しをします。

生活費の補填として利用してしまうと毎回利用することになりやすく、抜け出すことが容易ではなくなるからです。

食費や光熱費、携帯電話などの通信費に無駄がないか料金の見直しをします。
利用していないものは解約したり料金プランを下げます。そして光熱費や税金をチェックしてみましょう。

光熱費や税金はやむを得ない事情の場合には、分割や分納に対応してくれることが多いのです。

毎月負担の無い金額で支払いの相談に応じてくれるところも増えているため、
無理をしてまで請求と通りに払わずにまずは生活状況を素直に話して分割の相談をしてみましょう。

利用金額に応じて早めに整理を

借りたお金は返済するのが鉄則です。悪意で返済しないのはいけませんが、
どうしても事情があり返済が困難になることはあります。

特に返済に充てるお金をキャッシングする事態に陥ったら、その時点で法的に整理することを考えた方が賢明です。

利用金額が50万円~60万円程度になり、月々の返済が苦しいと感じるようになったら
滞納する前に弁護士に相談しましょう。

滞納が続いてからの判断はブラックリストに載るだけでなく様々なリスクがあります。

督促状や電話もそうですが、金額が多いと債権者によっては早い段階で裁判所を通してしまうこともあり、
一括返済を命じられてしまうこともあるからです。

そういった事態を避ける意味でも、借入額が膨らみ正常な返済が困難になったら、
すぐに弁護士を通すのが抜け出す第一歩になります。