キャッシングの借金が払えない場合

ネットの無料相談で借金解決の糸口が見えました(女性/30代)

女性/30代1年前からキャッシングにはまって、借金が膨れ上がるという事態に陥りました。

私が利用したカードローンはわざわざ借金の申し込みをするわけでなく、
ATMで気軽にお金が引き出せます

だから、借金をしている感覚がなかったのです。

まるで、自分の口座からお金を引き出すような感じでした。

無意識にキャッシングを繰り返し、だんだん月々の返済日になっても払えないという状態になりました。
滞納が数か月続き、ついには怖い督促が来るようになったのです。

借金の救済措置である債務整理については、前々から知っていました。

しかし、正直相談する勇気は出ませんでした。
誰にも知られたくないという気持ちと、いきなり法律事務所に行くのが怖かったのです。

そんな時、ネットで匿名で債務整理の無料相談ができるというのを見つけました。

シミュレーションになっており、借入額、借入金業者の数、
住宅ローンの有無などを記入するとメールで返信が来るというものでした。

これなら人に知られることなく、債務整理の可能性を知ることができます。
しばらくすると返事を頂き、そこには色々な前向きな提案が書かれていました。

提示された内容は返済額が大幅に減るというものでしたので、ようやく法律家にお願いする決心がつきました。

キャッシングはお気楽にできる借金の代名詞です。
しかし、払えない状態で放置するとますます借金は膨れ上がるばかりなので注意してください。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

返済が滞納する前に知っておきたいこととは?

まずキャッシングは必要かを考える

キャッシングは、急な出費の際にはすぐに引き出せて便利なものです。

使途も自由な為備えておけばいざという時に心強いものですが、利用の仕方によっては家計を圧迫し、
払えない事態になれば生活自体にも大きく影響してしまう側面も持っています。

まずは利用する前に考えたいことは、本当に今キャッシングは必要か?ということです。

最も安全で賢い利用方法は、まとめて入るお金が見込まれている場合の一時金として借りるというものです。
その場合はもちろん、予定していたお金が入った時点で一括で返済します。

借入期間によっては無利息で利用できる場合もあり、非常にお得で上手な活用もできるのです。

しかし、まとまったお金が入る当てもなく単なる生活費の補填である場合には利用を控える方法を考えましょう。

連続で利用しない

キャッシングは利用限度額の範囲内であれば何度でも引き出すことが可能です。

つまり、最初に借りたお金が完済できていない場合でも、利用可能な残高がある限りは追加で借りることができます。
しかし、これが払えない状況を導いてしまうことにもなるのです。

何度でも引き出しができるのは利用者からすれば非常に便利ですが、
それだけ完済が後回しになり金利が増えていくことにもなります。

ところが、多くの人が利用を繰り返すうちに感覚が麻痺していく傾向にあるようです。

実際には金利が増えていることに気づきにくくなり、家計が上手く回せているという錯覚に陥ってしまいます。

始めの1回を完済しないうちに借りなければいけない状況になった時点で、
お金の使い方と全体の流れを見直してみましょう。

早い段階で弁護士に相談する

キャッシングが払えない、または続けて利用しなければ
家計が回らないような状況に気づいたら、すぐに弁護士に相談しましょう。

何度か利用して返済が進んだ時点で、恐らく金利自体の割合は予想以上のものになっていることが多いものです。
この時に大切なのは、慌てずに信頼できる弁護士を探してありのままを相談することです。

返済が不能になった時点で当然弁護士に相談や依頼する費用の捻出など見込めない人が多いものですが、
そんな時には弁護士相談を無料で受けられる機関があります。

各都道府県に必ず数カ所は事業所があるので、まずはそこに相談をしましょう。

無料相談日なども設けていますが、実際に弁護士に依頼する場合の費用の立て替えもしてもらえるのです。
返済が無理だと感じたら、滞納する前に弁護士に相談することが健全な解決に繋がります。