カードローンが返済できない場合には

弁護士に全部任せて正解でした(男性/30代)

男性/30代私は昔、銀行のカードローンを利用していました。

日頃からストレスを感じていた私は仕事帰りにギャンブルにはまってしまい
そのためのお金としてカードローンに手を出してしましました。

カードローンを使用してもギャンブルで返済すれば良いという甘い考えがあり、
どんどんカードローンでの借金を抱えていきました。

そして、気が付いたら借金が100万円以上になってしまい、自分自身ではとても返済できません。
そこで私は信頼できる法律事務所に借金を相談しようと考えました。

法律事務所に行くと、弁護士から任意整理や自己破産などの借金を整理するための方法について説明がありました。

法律用語が全く分からない私でも理解できるように法律用語を使わずに説明してもらいました。

借金がなくなるというメリットの他にも信用情報登録機関に登録されるため、
新規のクレジットカードを作れないと言ったデメリットも教えてもらいました。

弁護士費用の支払いは現金での一括支払いが原則ですが、私の場合はそれが難しい状態でした。

その件を弁護士に相談すると、特別に分割払いにしてもらえました
色々と親身になって借金解決の手助けをしてくれた弁護士さんにはとても感謝しています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

自分の返済能力に合った利用をする

放置せずに法的な対応をする

カードローンが返済できない場合の解決法はいくつかあります。

どの解決法を選択するかは金額に応じて様々ですが、まずは、弁護士などに依頼することが一番です。
いずれにしても、最も良くない選択は返済できない状況を放置しておくことなのです。

借金を整理する方法にはいくつかあります。

任意整理、個人再生、自己破産などがあり、クレジットカードの過払い金請求もその一つとなります。
弁護士に依頼することで負債金額や返済能力などを考慮し、そこから適切な手段を選択して貰えるのです。

もちろん、その先の必要な書類の作成や債権者との交渉なども弁護士が代理人として執行してくれることになります。

そして、弁護士を通した時点ですべての返済と督促の一切が止められることになります。

返済をどうするかの判断基準

そもそも、カードローンは無理のない範囲内で利用するのが一番です。

しかし、突然の失業や病気などやむを得ない事情で経済的に困窮し返済できない状況に陥った場合には、
早い段階で法的措置を取っておきましょう。

そうすることで、最悪の事態を免れることにもなります。

最悪な事態というのは、万が一返済が滞った場合に訴訟に繋がってしまうことです。

債権者に法的な措置を取られ、裁判所に申立てされてしまうような事態が起これば、
場合によっては残金の一括返済を命じられることも珍しくありません。

そうなると、月々の返済どころでは済まないことになり、債務整理などの手段を取れなくなってしまうのです。

個人であれば返済総額が60万円を超えた辺りを目安に、債務整理を考えることが必要です。

使い方には最善の注意を払う

このように、返済できないほどカードローンを利用してしまうのは、非常にリスクを抱えることになります。

弁護士に依頼して法的な解決をするにも依頼費用はそれなりにかかります。

数十万程度の額であれば任意整理などで解決は可能ですが、
数百万という金額に膨らんでしまえば任意整理や個人再生は厳しいものとなります。

自己破産を勧められることが主になりますが、最低でも5年もの間カードを作ることはできません。

自己破産後はカードだけでなくローンを組むことも困難になります。

カードローンは、持っていると便利なものですが、利用する時には1回で返済できる範囲内に留めておいたり、
ボーナスやまとまったお金が確実に入るまでの一時金というような使い方をするなど、しっかり計画しておきましょう。