カードローンを払えない時の対処法

カードローンの返済が楽になりました。(女性/30代)

女性/30代一時期どうしても乗りたくて高級外車を所有していたことがあったのですが、
その際にカードローンを利用して費用の一部を工面したことで借金ができてしまいました。

当時勤めていた会社にそのまま勤務していたら、あまり時間はかからず返済できていたと思います。

しかし、会社が倒産してその後、非正規雇用として再就職して給料が安くなってしまったために、
カードローンの借金を返済する余裕がなくなってしまったのです。

そのうち、カードローン会社から返済の催促が定期的に届くようになり、途方に暮れていました。

そんな時に身内からカードローンを初めとする借金の相談ができる法律事務所を紹介されました。
実際に相談してみると、自分の借金はかなり減額されるということがわかり、安心しました。

相談に乗ってくれた弁護士はどのような手続きをしたら、借金が減額できるかをしっかり教えてくれました。

その結果、自分には払えなくもない金額にまで借金が減り、返済もだいぶ楽になりました。
今は完済まであと少しというところまで借金も減り、少し余裕をもった生活ができるようになりました。

あの時、法律事務所に相談してみて本当によかったと思っています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

不安から解消されよう!返済に悩んだらやること

カードローン滞納してしまった時

急な出費や収入の激減などでこれまできちんと返済できていたカードローンが
払えないということが起こるかもしれません。

大変な事態だけどきちんと向き合って対処することが大事ですよね。まずは担当者にいち早く連絡をすることです。
それによって、カードローン会社からの督促を止めることができますし何も言わずに滞納するより好印象になるでしょう。

事前連絡したところで返済額が変わるわけじゃないという気持ちからそのままにしてしまう人もいらっしゃいますが、
最低限約束を守れなかった時の行動として必要なことと言えます。

中には少しなら返済日をずらしてくれるという柔軟なところも在りますが、
できるだけ早く支払いできるよう努力が必要です。

もし来月以降も支払いのめどがたたない場合は、整理を含めた解決策を考える必要があるでしょう。

カードローン滞納のデメリット

カードローンが払えない場合、一番のデメリットは借入先の金融機関や貸金業者、
個人信用情報にそのことが記載されてしまうことです。

1~3回くらいの滞納や数日間だけの滞納であれば、何か事情があって振り込めなかっただけという解釈をしてもらえますが、それ以上になると俗にいうブラックリストに載ってしまう可能性があります。

滞納による事故情報の登録と言いますがそれは、最終取引日から5年から10年は有効とされています。

その後の人生でお金を借りることも難しくなってしまうので、深刻な事態になる前の早めの対処が必要と言えるでしょう。

急な出費や収入の激減など支払いのめどが立たなくなった場合は一人で抱え込まず、
適切な手続きを行ってくれるところに相談することが先決ですね。

払えないカードローンの相談場所

カードローンを払えない事態になってしまった場合、弁護士事務所などに相談し債務整理をすることが可能です。

借金の金額を減らし月々の負担を軽くしたり、支払い計画を立て直すことで負担のない返済をすることができるでしょう。
支払い終わったカードローンであっても払いすぎた利息を取り戻す「過払い金請求」も可能です。

どうにかしたい気持ちはあってもやはり専門家の助けがないと、
カードローンをどう減らしていいかわからない事もありますよね。

そんな時電話一本やメールなどでも気軽に相談できるようになっています。

支払う必要のない利息がある場合もあるので一人で抱え込むより、
できるだけ早くプロに相談して解決への行動をとった方がいいですよね。

日々の不安な生活から解放されることにつながるでしょう。