カードローンで払いすぎた金利を取り戻す方法

たとえ数万円でも取り返したかった(女性/40代)

女性/40代私はカードローンを何度か利用したことがありますが、
少し払いすぎているのではと感じました。

カードローンは会社によって利子率が変わってきますが、
審査が比較的簡単に通る場所ほど利子率が高い印象があります。

私は30万円ほどキャッシングしていたのですが、過払い金の可能性があることを知って、
無料でできるシミュレーションをしてみました。

シミュレーションはネットで簡単に行うことができましたし、自分がキャッシングをして
完済するまでにかかった時間と利子率を割り出すことで過払い金を調べました。

そうしたら、案の定過払い金が発生したわけですが、事務所での手続きは面倒だったので郵送で手続きしました。

数万円の過払い金でしたが、不当な利息を取られていることに腹が立ったので数万円でも取り返したかったのです。

実際に過払い金請求をしてみると一週間ほどで返済手続きが完了したわけですが、私が思ったのは
いくら信用されている金融機関でのキャッシングでも過払い金が発生する可能性があるということです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

金利の払いすぎがある時は過払い金返還請求をしよう

カードローンを使う時は金利の確認が大切です

お金の融資を受けられるサービスとして、銀行や消費者金融が運営をしている
カードローンを使って借金をしている人も多いでしょう。

カードローンでは年齢条件や収入条件などを満たすことで借入が可能になりますが、
最近のカードローンは従来と比較して主婦であっても手軽に融資を受けやすくなっています。

金融業者から融資を受けることで、借金額が膨らんでしまっている人もいると言えますが、
借入をする時には金利の設定について確認しておくことが重要です。

金融業者によっては利息制限法で定められている上限金利の範囲を超えて、金利を請求していた業者がありましたので、
借入を継続的に行っている人の場合には金利を支払いすぎている可能性があります。

自分自身が一定の期間にわたって借入をしていたと自覚している場合には、
払いすぎている金額がないか調べることがおすすめです。

弁護士に相談して過払い金がないか確認しよう

カードローンを利用するにあたって、法律で決められている金利よりも払いすぎていると感じている時には、
債務整理についての手続きを受け付けている弁護士事務所に相談することができます。

払いすぎている金利分については、債務者個人で金融業者と話し合いをした時には、
交渉に応じてくれない業者も多いためにプロである弁護士に相談する方法が一般的と言えます。

弁護士に債務整理の依頼をすることで金融業者と交渉をしてもらえますので、
過去の取引履歴を取り寄せることによって、金利分を払いすぎていないか確認することができます。

取り寄せた取引履歴の情報を元にして、正しい借金額についての再計算を行った結果として、
払いすぎているお金があることがわかった時には過払い金が生じているものとして返還請求を行うことができます。

過払い金返還請求をして払い過ぎたお金を取り戻せます

過払い金が生じていることがわかった段階でも、金融業者のカードローンを使って借金をしている場合であれば、
払いすぎている金額を借金の元本に充てることが可能です。

この場合には借入をしている金融業者と交渉をすることで、借金額の減額に応じてもらうことで
任意整理の手続きによって借金問題を解決していく方法となります。

すでに借金を完済している時に、払いすぎているお金があることがわかった時には、
返還請求を行うことで過払い金を取り戻すことが可能です。

過払い金返還請求はどこの弁護士に依頼しても結果が同じということはなく、実績や経験が豊富な弁護士のほうが
取り戻せる金額が多くなる
ことが予想されますし、手続きをスムーズに進めてもらうことが期待できます。

過払い金について相談できる法律事務所は多いですので、無料相談などを実施している事務所を選択して
手続きの進め方を聞いてみることも良い方法となります。